ミス・ユニバース日本代表は阿部桃子さん 1年で「10キロ痩せた」 「2017ミス・ユニバース」日本代表最終選考会 会見2

 “世界一の美女”を決めるコンテスト「2017ミス・ユニバース」の日本代表の最終選考会が7月4日、ホテル椿山荘東京(東京都文京区)で行われ、ファイナリスト47人の中から、千葉県代表の阿部桃子さん(22)が日本代表に輝いた。阿部さんは、日本テレビ系の情報番組「スッキリ!!」のリポーターを務める阿部祐二さんの娘。

 阿部さんは、グランプリ受賞後に父の祐二さんと「ゆっくり話せていない」と言い、大会前にアドバイスとして「自分を信じろ。結果はついてくる。自分らしく頑張りなさい」といわれたと明かした。また、母でプロゴルファーの阿部まさ子さんの影響で、6歳から16年間ゴルフに打ち込んでいることも明かしながら「ベストスコアは68。高校2年生のときに出場した千葉県のジュニア大会で3位になったこともあります」と語った。今後については芸能界入りについて「今はとくにない」といい「今後はゴルフスクールを開きたい」と語った。

 聖心女子大学出身の阿部さんは「ミス・ユニバース」に大学在学時に応募し、現在は卒業してモデルやタレント活動をしているという。「去年の7月は、今より10キロ太っていて、メークもできない、髪も巻けない感じでした。本当に皆さんに支えていただいた」と感謝し、「ファイナリスト一人一人強い気持ちを持っている。(世界大会には)その思いを背負っていきます」と意気込みを語った。

 日本代表を選出する「ミス・ユニバース・ジャパン」は、「世界一の美女」を目指す日本女性を選出してプロデュースし成長プロセスを追う美の祭典。今年のファイナリストは、16年秋に全国47都道府県で開催された地方大会を勝ち抜いた各地区の代表で、18〜27歳の計47人が6月20日から2週間にわたり、トレーニング合宿「ビューティー・キャンプ」を行っていた。

 この日、阿部さんは、グランプリのほか、「システムプロフェッショナル賞」「トータルワークアウト賞」を含む3冠に輝き、今年夏以降に開催される「第66回ミス・ユニバース世界大会」に出場する予定。