坂本真綾、神谷浩史&梶裕貴と西尾維新の魅力語る 「西尾維新大辞展」オープニングイベント2

 声優の神谷浩史さんと坂本真綾さん、梶裕貴さんが27日、松屋銀座(東京都中央区)で行われた小説家・西尾維新さんの展覧会「西尾維新大辞展」(講談社主催)のオープニングイベントに出席。

 西尾さんの印象について坂本さんは「ミステリアスな方で底知れない魅力がある。ファンのプレッシャーをパワーに変えられる人」と話した。西尾さんの作品の魅力について神谷さんは「正確には分からないのですが、文章に魅力を感じている。<物語>シリーズはどこまで続くか分からないですが、終わったときに魅力は『こうじゃないか』と分かるのでは」と説明。梶さんは「音で聞いて心地よい文章。(アニメにしたとき)声優として技術的に難しいことはたくさんあるけれど……」と語っていた。

 展覧会は、西尾さんの作家業15周年を記念して開催。デビュー作の「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」などの「戯言シリーズ」や、テレビアニメで人気を博した「<物語>シリーズ」、実写ドラマ化もされた「忘却探偵シリーズ」などを中心に作品を紹介。アニメーションの原画や映像、西尾さんの執筆スピードを体験できるコーナーも設ける。また神谷さんらの3種類の音声ガイド(有料)を用意する。同日から8月7日まで開催。入場料は一般1300円、高校生700円、中学生500円、小学生以下無料。