橋本環奈「まいじつ報道で大学受験断念」の真相

大学受験しないことを発表した橋本環奈に、報道により所属事務所が断念させたとの声も

記事まとめ

  • 橋本環奈は2日に大学受験を宣言していたが、16日に一転して大学受験しないと発表した
  • これに対し、大学受験を巡る報道により所属事務所が受験を断念させたとの声が出ている
  • 橋本環奈が大学を志望すれば、宣伝効果を考えて受け入れたい大学は多いという

橋本環奈「まいじつ報道で大学受験断念」の真相

橋本環奈「まいじつ報道で大学受験断念」の真相

橋本環奈「まいじつ報道で大学受験断念」の真相の画像

アイドルの橋本環奈(17)に「大学受験してほしい」という声がインターネットを中心に持ち上がっている。


本サイト『まいじつ』も彼女の受験と、大学合格を切に願っている。



もともと橋本は、自身のツイッターで9月2日に受験することを宣言。それを機に、どの大学を受験するのか、ネット上で注目を集めていた。本サイトも、K大学とM大学が有力視されていることを、いち早く報じている。


「K大とM大は、私立大学では偏差値がトップクラスで、人気のある橋本のイメージにも合う。しかも、両大学とも学力のみが合否の基準にならない、一芸の生きるAO入試も設けている。ファンの間では本命がK大で、対抗はM大だと予想されていました」(芸能ライター)


しかし、橋本は一転して9月16日のブログで、大学受験しないことを発表した。


「一部サイトでは、まいじつに報じられたため、所属芸能事務所が受験を断念させたと書いています。その方が事務所の収入に繋がるからだそうです。それも分かりますが、それならば人気のある芸能人はみな進学できないことになる。いまどきそんな話はないでしょう」(同)


少なくとも本サイトは橋本なら、なかなかの大学に合格できるだろうと見ていた。


「また、別のサイトでは、試験前なのに合格できるかどうか分からないとしています。だとすればAO入試の仕組みを理解していない。彼女が受験することを宣言したというのは、どこかの大学に合格する手応えを持っていたのだと思います。受験を宣言しておいて、あとから『落ちました』とは言えない。心ないサイトのせいで、彼女の意欲が削がれた可能性もあります」(同)



少子化の進んだ現在では、どこの大学も経営に四苦八苦している。


「大学は授業料で稼ぐのではありません。“受験料(検定料)”で稼ぐのです。いま大学の受験料は1学部3万円以上。仮に彼女を合格させたら、その大学には想像もつかないほどの宣伝効果がある。彼女を受け入れたい大学は多いと思います」(受験雑誌編集者)


本当に進学を諦めてしまったのであろうか。

関連記事(外部サイト)