長澤まさみ『オールスター感謝祭』不参加のワケとは? 視聴率低下でジリ貧か…

長澤まさみ『オールスター感謝祭』不参加のワケとは? 視聴率低下でジリ貧か…

長澤まさみ『オールスター感謝祭』不参加のワケとは? 視聴率低下でジリ貧か…の画像

3月27日、5時間半にわたって生放送された『オールスター感謝祭’21春』(TBS系)の平均視聴率が10.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことがわかった。



同番組は、1991年の番組スタート当初は20%以上の高視聴率をたたき出していたが、ここ数年は10〜13%で推移している。また、毎年春と秋の2回放送されてきたが、昨年春は新型コロナウイルスの感染拡大による影響で中止に。秋は、解答者席を個人席に変更し、席の間にアクリル板を設置するなど新スタイルで放送されていた。


今回の放送では、TBS系で4月からスタートする連続ドラマ『ドラゴン桜』から阿部寛と山崎銀之丞、『King & Prince』高橋海人、元『欅坂46』平手友梨奈の4人が参加。さらに、『着飾る恋には理由があって』からは、川口春奈と横浜流星、『リコカツ』からは北川景子と永山瑛太、映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』からは俳優・田中圭と山田裕貴などが出演したが、視聴率の落ち込みを防ぐことはできなかった。


「番組冒頭、MCの今田耕司が『ドラゴン桜』に出演している長澤まさみが不在なことについて、『今日ね、来てないですね』とコメントすると、共演者の阿部らが一斉に口ごもってしまいました。MCの島崎和歌子がすかさず『スケジュールじゃないですか? 撮影とかの』とフォローしましたが、どうやら実際は出演を断られたようですね。阿部や山崎にしてみれば、絶好の番宣チャンスにもかかわらず、肝心の長澤が出演しないのですから、きまりが悪かったのではないでしょうか」(エンタメ誌記者)


『オールスター感謝祭』は“出演価値”がない?

放送当日には、お笑い芸人のカンニング竹山が自身のYouTubeチャンネルで生配信を決行。ファンから『オールスター感謝祭』に出演していないことを指摘されると、「違うわ、断ってんだバカ!『オールスター感謝祭』なんか何年も前から『行かねえ』って断ってんだわ。ベテランになってくると意外と断ってるからね、みんな」とぶっちゃけている。


これに対し、ネット上では、


《かつてはマジでオールスター勢揃いって感じだったけど、もはや集まる意味もないしな。結局はTBSの番宣番組だし》

《昔は楽々20%超えしてたけど、もうキラーコンテンツではない。深夜の後夜祭の方が面白い》

《そこそこ大物になったら、誰も出たくないだろうね。いちいちクイズやったりめんどくさそうだもんな》

《時間が長いイベント企画ばかりでテンポが非常に悪い。何十分同じことやってるの?という感じ。放送時間を短縮して、通常のクイズ+マラソンだけでいいのでは?》


などといった声が寄せられている。


かつては160人前後の人気芸能人が勢揃いしたが、今年は54人とかなり規模が縮小している。新型コロナの影響も大きいだろうが、実際は、「やってられない」という俳優が多いのかもしれない…。


関連記事(外部サイト)

×