みちょぱ、トリンドルがご意見番に…若い女性を起用する報道番組の意図

みちょぱ、トリンドルがご意見番に…若い女性を起用する報道番組の意図

みちょぱ、トリンドルがご意見番に…若い女性を起用する報道番組の意図の画像

男女平等が以前よりさらに強く叫ばれる現在、若い女性コメンテーターが増えてきている。



新年度の番組改編で、多くのテレビ番組が一新された。中でも改革が大きかったのがワイドショー番組だ。『とくダネ!』(フジテレビ系)、『グッとラック!』(TBS系)終了のほか、レギュラー陣が変わる番組も目立った。


そんな中で注目なのが、若き女性コメンテーター。『とくダネ!』の後番組『めざまし8』では、曜日レギュラーとして女性お笑いコンビ『3時のヒロイン』を抜擢したほか、井上咲楽、トリンドル玲奈がコメンテーターに就任。モデルでタレントのみちょぱこと池田美優は、『スッキリ』(日本テレビ系)のコメンテーターに。『ひるおび!』にはなんと、トリンドル玲奈、朝日奈央、中川翔子がコメンテーターになるなどしている。


『サンデー・ジャポン』化する報道番組

この改編にネット上では、


《朝から見たい顔でもない》

《別に嫌いではないですけど、朝から特に見たくない…情報番組にはいらないような…》

《朝日奈央自体は好きでも嫌いでも無いけど、コメンテーターとして必要? すぐにチャンネル変えました》

《報道番組もバラエティー化しているな〜》


など批判的な声が多いのだが…。


「テレビ局のこの改編は、話題づくり半分、アリバイ半分というところでしょうね。みちょぱやトリンドルのコメントなら専門家のコメントよりネットニュースになりやすく、若い視聴者の関心を集めます。また、男性ばかりだと批判されがちな世の中なので、若い女性を雇用してガス抜きしているのでしょう」(芸能記者)


若手バラエティータレントをコメンテーターにする手法は、『サンデー・ジャポン』(TBS系)でお馴染み。あのような番組が、これから量産されていくのだろうか。


関連記事(外部サイト)

×