「100%正論だよ、三木谷さん!」楽天社長の東京五輪“反対”表明に賞賛の声

4月7日、『楽天株式会社』の三木谷浩史会長兼社長が、自身のツイッターを更新。東京五輪に関する私見を述べ、「この立場で言えるのはすごい!」と賞賛の声が広がっている。



三木谷氏は4月7日の朝、新型コロナウイルスの変異株が、日本国内で急増していることについて言及。ツイッターで《政府はオリンピックでなく、ファイザー以外のワクチンの緊急承認、接種普及に全力を尽くすべきだ。プライオリティがおかしい》とワクチンの承認と接種普及について提言した。


同ツイートは5000件以上の「いいね」を獲得し、短時間で同調するコメントが100件以上も寄せられることに。その中でツイッターユーザーから、《Jリーグを通じて聞こえる政府の本音を公にしていって欲しい。あなたにしか出来ないと思う》と引用リツイートで返信があった。


すると三木谷氏は、《僕ははっきり今年の五輪開催はあまりに、リスクが高すぎると思っており、反対です。アスリートの方々には本当に申しわけないけど、一生懸命生きているのはアスリートだけではないので》とコメント。立場を顧みない大胆な発言でユーザーをざわつかせていた。


勇気のある三木谷氏の発言に賞賛の嵐!

国内外でスポーツクラブチームのオーナーを務める『楽天』トップの発言は、ネット民たちの共感を呼んだようで、


《100%正論だよ、三木谷さん》

《みんなそう思ってる。けど、それをあなたの立場で言えるのは誰にでもできることじゃない。言ってくれてありがとう!》

《すでにアスリートのためですらなくなってる五輪、一体誰のために開催されようとしているのか。世の中に改めて疑問を投じてくれた三木谷さんに感謝しかない》

《楽天イーグルスのオーナーって立場なのによくぞ言ってくれた! 言ってることは矛盾してるかもしれないけど、意見には同意です》

《自分の立場どうこうってことより、この状態でオリンピックが開催されることを阻止しようとしてくれたのが嬉しいし、信頼できると思った》


などの声が相次いでいる。


「三木谷氏は以前から、コロナ禍での五輪開催についてさまざまな提言をしてきました。2月17日のツイートでは《五輪はワクチンが前提だと思っていましたが、変異種が出て来ている中、本当にそれ無しでも実施するべきなのか?ちゃんと議論すべきだと思う》とコメント。また、その後もツイッター上で《今年の東京オリンピック、パラリンピックの開催の是非について》というアンケートを取っており、ユーザーを巻き込みながら五輪開催の意見を発信しています。三木谷氏は菅義偉首相などの政権幹部ともお友達≠ニ言われていますので、なんらかの影響があるかもしれませんね」(芸能ライター)


ワクチン接種が進んでいない日本で、五輪は本当に開催されるのだろうか。三木谷氏を除くお偉いさん≠ノも、今一度開催の是非を考えてほしいものだ。


【画像】


Yuliya Yafimik / Shutterstock


関連記事(外部サイト)

×