ブラピとアンジーが離婚するための条件とカギを握る人物

ブラピとアンジーが離婚するための条件とカギを握る人物

(C)Shutterstock

俳優のブラッド・ピット(52)とアンジェリーナ・ジョリー(41)の離婚騒動は、アンジーが9月に離婚申請をしたのが発端だった。要因についてはさまざまな憶測が流れている。



「アンジーは人権活動に熱心で、ハリウッド離れしていた。一方、ブラピは仲間と騒ぐのが好きで、生活にずれが生じていた。騒動後、アンジーがブラピのマリファナと酒好きに我慢できなくなったという話も出ている。しかし、離婚申請の1週間前に、ブラピがプライベートジェットのなかで長男とけんかをして暴力をふるい、アンジーはブラピから子供を隔離するため離婚を決意したとも言われている」(海外セレブ誌記者)


アンジーは、離婚についてジョニー・デップ(53)と相談しており、アンジーとデップが急に親密になっているとの噂も流れた。だが、ここにきて親権に関して一時的な合意に達したとアメリカのメディアが報じた。


「6名の子供の親権はアンジーが持ち、両者ともにカウンセリングを受け、ブラピは不定期にドラッグとアルコールの反応テストを受けることが課せられた」(同)


このまま法廷闘争なしに離婚が成立するかは不明だが、今回の騒動では有名な敏腕美人弁護士が鍵を握っているという。


「アンジー側の弁護士のローラ・ワッサーは、セレブ御用達の離婚専門弁護士で、仕事を受ける条件は依頼者の資産が10億円以上だと言われている。過去には、メル・ギブソンの妻を弁護して、資産の半分425億円を勝ち取り、自身の報酬は141億円だった。ブリトニー・スピアーズが無名のダンサーと結婚する際にも、婚前契約を結ばせ、ブリトニーは離婚時に資産50億円のうち5000万円の支払いで済んだ。ちなみに、今年8月にアンバー・ハードと離婚した際、デップの代理人を務めたのもワッサーだった」(同)


今後の動きが注目される。

関連記事(外部サイト)