広瀬すず、石原さとみ、菅田将暉が爆死!『日テレドラマ』の問題点が明らかに…

広瀬すずと櫻井翔の『ネメシス』など、日テレドラマが惨敗 豪華なのはキャストだけか

記事まとめ

  • 阿部寛の『ドラゴン桜』は手堅く視聴率を獲得し、北川景子の『リコカツ』は主婦に人気
  • 一方、日テレは石原さとみと綾野剛の『恋はDeepに』など、すべて失敗しているという
  • 日テレは王者として君臨するが、豪華なのは菅田将暉や有村架純などキャストのみらしい

広瀬すず、石原さとみ、菅田将暉が爆死!『日テレドラマ』の問題点が明らかに…

広瀬すず、石原さとみ、菅田将暉が爆死!『日テレドラマ』の問題点が明らかに…

画/彩賀ゆう

2021年の春ドラマがスタートを切り、視聴者からさまざまな反響が寄せられている。そんな中、日本テレビ系ドラマの惨状が注目を集めているようだ。



民放各局の今期ドラマの様子を見ていこう。TBSは阿部寛主演の『ドラゴン桜』で手堅く視聴率を獲得し、北川景子の『リコカツ』で主婦層のハートをわしづかみ。川口春奈の『着飾る恋には理由があって』で若者を狙い撃ちするなど、バランスがとれている。


フジテレビは竹野内豊の『イチケイのカラス』がヒットして月9ブランドを死守。松たか子の『大豆田とわこと3人の元夫』はドラマファンからの評価が高く、視聴率は低いものの視聴者満足度は高い。一方、鈴木亮平の『レンアイ漫画化』は残念ながら大爆死だ。


テレビ朝日は、『特捜9 season4』『警視庁・捜査一課長season5』『桜の塔』など得意の刑事ものを乱発して、若者を無視しながらも視聴率を確実に稼いでいる。


キャストだけは豪華な日本テレビ

そして日本テレビ。石原さとみ&綾野剛の『恋はDeepに』、菅田将暉&有村架純の『コントが始まる』、広瀬すず&櫻井翔の『ネメシス』がすべてコケている。俳優のラインナップ的には、話題性も知名度も民放トップであるのだが、残念ながら全く上手くいっていない。


「『コントが始まる』は視聴者満足度が高いのでまだ良いとして、『恋はDeepに』と『ネメシス』はとにかくヒドイ。明らかに数字を狙ったような演出やキャスティングが、全て空振りに終わっています。フジテレビの没落後に王者としていて君臨し続けている日テレですが、この体たらくではその座もそろそろ危ないでしょう」(芸能記者)


実際にネット上でも


《日テレの製作陣は、これだけのキャストを集めてこの結果なのを本当に反省し、改善した方がよい》

《日テレのドラマは出演者が他の局より豪華。これで数字も取れない内容もだめとは。勿体ない。反省会してください》

《日テレ制作ドラマは全滅したなぁ。制作や戦略などの再建が難しい》


といったお叱りの言葉があがっている。


夏ドラマでの挽回に期待したいが、間に合うだろうか。


関連記事(外部サイト)

×