『ヒルナンデス』ジャニーズの“HIKAKINモノマネ”に反響「流行ってるの?」

『ヒルナンデス』ジャニーズの“HIKAKINモノマネ”に反響「流行ってるの?」

画/彩賀ゆう

5月11日に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)での一幕が、ごく一部の『Hey!Say!JUMP』ファンの話題を集めた。



この日、グループからは火曜レギュラーの『Hey!Say!JUMP』八乙女光と有岡大貴が出演。有岡は『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)で、後輩『King & Prince』平野紫耀の恋敵を演じた俳優・中川大志と「奥多摩ドライブ」ロケに出かけた。


途中で川に出た2人は、どちらが多くニジマスを釣れるか対決することに。敗者の罰ゲームは全力モノマネ≠ノ決まり、気合を入れて釣りに挑んでいった。有岡はエサのイクラが袖の中に入ったことを終始気にする女々しさを見せ、勝負は中川の大勝という無様な結果に。さらには罰ゲームの全力モノマネも全く似ておらず、誰のマネかも分からないという、とんでもない空気にしてしまった。


さすがにこれでは終われないため、有岡は代わりに「猫に注意する時のヒカキン」のモノマネを披露。しかし、こちらはタイトルだけでバッサリとカットされてしまい、続く映像ではニジマスに舌鼓を打つのであった。


グループ内でヒカキンネタが頻発?

「JUMP」のファンが反応したのはこの場面。どうやら、メンバーはここ最近ライブのMCなどでヒカキンの話題を出すことが多いらしく、SNSには


《今JUMPでHIKAKINさん流行ってるの?w》

《最近のHey!Say!JUMP、HIKAKINネタ多いのよ》

《HIKAKINのモノマネ爆笑 え、知念の影響?(笑)》

《JUMPの中でHIKAKINブームきてんの?www》

《猫に注意する時のHIKAKINさんのモノマネ(笑)》


などの感想が。その頻度から、グループ内でヒカキンが流行していると感じたようだ。


「有岡はグループの中でも微妙な立ち位置。バラエティーによく出ているものの、天然な伊野尾慧や八乙女のようにキャラが立っている訳ではありません。ファンからはかわいい系男子と言われているようですが、この枠には知念侑李が絶対的に君臨していますし、間違っても山田涼介・中島裕翔のようなイケメン枠ではない。ヒカキンネタでキッズ人気を獲得しようと企んでいるのかもしれません」(ジャニーズライター)


熱心なファンは細かなネタも見逃さないようだ。


関連記事(外部サイト)