中森明菜の高額ディナーショーがさらに高額転売されて追加公演決定

中森明菜の高額ディナーショーがさらに高額転売されて追加公演決定

中森明菜の高額ディナーショーがさらに高額転売されて追加公演決定の画像

歌手の中森明菜(51)が、12月から高級ホテルを中心に全国でディナーショーを始める。


料金は4〜5万円だが、数年ぶりに歌手活動を再開した本人が見られるとあって、チケットの売り切れが続出している。



「インターネットでは随分と高値で転売されています。4万2000円のものが8万円以上。彼女の人気を考えれば仕方ないのかもしれないが、本人は決して気分のいいものではないでしょう」(音楽ライター)


明菜はとりわけファンを大事にすることでも知られており、こういった状況を見かねてか、追加公演が予定されたという。


「最初は12月だけで7公演だったですが、さらに3公演を追加するそうです。ファン思いなのはいいのですが、また無理をしてパンクをしなければと心配になります」(同)


明菜は現在、マネジャーらしき男性と交際関係にあるという。一時期は体調不良なのではないかと伝えられたが、それも峠を越えたようだ。


「明菜に心配されるのは、精神不安定と摂食障害です。どちらが重病かというよりも、どちらも完治したという情報はなく、それが再び悪化しなければいいのですが」(レコード会社関係者)


明菜は2000年までに、シングルとアルバム合わせて2000万枚のセールスを記録した女性シンガー界の怪物だ。


「ファンは、笑顔で歌う彼女を見たいと思っています。しかし、私生活の混乱はいまだに解決していません今年の夏に、実父の明男さんが、明菜は20年以上も前に戸籍を抜き、音信不通であることを、一部女性誌に明かしました。彼女の親族との確執は他人が説明できるものではありません」(同)


過去にはディナーショーを直前で中止にしたこともあったが、今回は大きなトラブルはないと思われる。


「ディナーショーが成功し、普通に彼女が人前に姿を現すようになれば、歌手活動への完全復活が証明できるでしょう」(音楽評論家)

関連記事(外部サイト)