石原さとみには代表作がない!? 新垣結衣、綾瀬はるかとの決定的な差…

石原さとみには代表作がない!? 新垣結衣、綾瀬はるかとの決定的な差…

画/彩賀ゆう

超売れっ子俳優となれば、代表作の一つや二つはあると思うだろう。しかし案外、すんなり出てこない人も少なくない。



石原さとみはまさにその例。超売れっ子の彼女だが、彼女の代表作と言われてピンとくるものはあるだろうか。『Ns’あおい』、『失恋ショコラティエ』(ともにフジテレビ系)、『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)、『アンナチュラル』(TBS系)などヒット作は多いものの、特大ヒットと言えるものはなく、ファンの間でも代表作を問われると戸惑ってしまうほどだ。


現在放送中の『恋はDeepに』(日本テレビ系)に関しては、放送後にすぐ石原の黒歴史となること確実の超駄作だ。


ちなみに同年代の女性俳優では、綾瀬はるかは『JIN-仁-』や『義母と娘のブルース』(ともにTBS系)、新垣結衣は『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)、戸田恵梨香は『SPEC 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』(TBS系)などがすぐにあがってくるだろう。


CMが代表作と言われる俳優は意外と多い?

しかし長澤まさみもまた、石原同様に代表作がないと言われがち。近年では、映画化もされた『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)が代表作という風潮があるが、同作は特段視聴率が高かったわけではなく、世間の認知度は微妙なところだ。


映画やドラマではヒット作がなく、CMが代表作になってしまっている俳優も多い。代表的なのは藤原紀香。芸能界で超大物ヅラしている彼女だが、考えてみると、「藤原紀香といったらコレ!」という映画・ドラマは浮かばないだろう。


しかしCMというと、アパート借りたら藤原紀香がついてくる≠フフレーズで話題になった「レオパレス」がある。さらに「バスロマン」のCMも有名だ。


吉岡里帆も映画・ドラマは全くと言っていいほどヒットしていないが、どんぎつね≠ナお馴染みの「日清のどん兵衛」は超有名。彼女の代表作と言っていいだろう。他にも、剛力彩芽は「ランチパック」、本田翼は「LINEモバイル」など、CMが代表作になっている俳優は多い。


芸能界で成功するには、やはり運が重要なようだ。


関連記事(外部サイト)