格闘家ユーチューバー大炎上!「いじめられる側にも原因はある」発言が物議

格闘家ユーチューバー大炎上!「いじめられる側にも原因はある」発言が物議

格闘家ユーチューバー大炎上!「いじめられる側にも原因はある」発言が物議の画像

5月29日、プロ総合格闘家でユーチューバーの朝倉未来が自身のサブチャンネル『ふわっとmikuruチャンネル』に動画を投稿。動画内で、いじめられる側に問題がある…というような趣旨の発言を繰り出し、ネット上で物議を醸している。



問題になっているのは、『自分の道は自分で切り拓け』という動画。朝倉は「いじめ問題ってあるじゃん。いじめ問題ってすごく難しい問題で」と切り出し、デリケートないじめ問題に切り込んでいった。


「よく『いじめについてどう思いますか?』みたいなことを聞かれるんですけど」と前置きすると、朝倉は「正直、俺はいじめられる側にもなんかの原因はあると思う」と、いじめっ子特有の持論を展開。そして「自分を客観的に見てまず原因を解明して、それを直していくことが大事」と上から目線でアドバイスをしてみせる。



いじめられる側に原因がある? 朝倉未来にブーイング

さらに朝倉は「本当に何の落ち度も無いのにいじめられるパターンもあると思いますけど、なんかの原因があると思うんですね」と、いじめられる側に原因があることを強調。最後に「まぁいじめてる奴が100%悪いのは変わりはなくて、まぁいじめっていうのはなくならないといけないものなんですけど…」とフォローを入れて、発言を締めくくった。弱者を切り捨てるような朝倉の発言に対して、ネット上では、


《いじめる側の発想》

《いじめられてみたら、そんなこと二度と言えなくなるよ》

《なんでいじめられる側が強くなる努力しないといけないの? いじめる側に努力させろよ》

《いじめる側が都合よく原因を作ってるだけだろ アホやでコイツ》

《旭川女子中学生いじめ凍死事件の被害者遺族の前でも同じ事を言えるんかね?》

《そう思うことは自由だけど、口に出したら少なからず傷つく人がいることを考えないあたり、いじめる側の人間と大差ないなと感じる》


などと批判が殺到。さらに朝倉は動画の最後に「強ければいじめられない」という趣旨のコメントもしており、自身が運営する月額2000円ほどのオンラインサロンに視聴者を誘導していた。これも反感を買ったようで、


《いじめ問題を利用するな!》

《いじめられっ子から2000円もらいまーすってか。最低》

《いじめられたくなければ強くなれって流れから、最後にこれだと宣伝っぽく思えてしまうな》

《オンラインサロンで強くなれるの?》

《オンラインサロンで格闘技って…》


といったバッシングが噴出している。


「いじめられたくない」という子ども心を利用し、オンラインサロンに誘導するという、『キングコング』西野亮廣もビックリな手法を用いた朝倉。炎上を受けて5月31日には、今回の騒動を弁解する動画をYouTubeに投稿していたが…。彼の好感度が戻ることはなさそうだ。



関連記事(外部サイト)