『めざまし8』3時のヒロイン・福田が配達員軽視? 下積み時代の経験談に賛否

『めざまし8』3時のヒロイン・福田が配達員軽視? 下積み時代の経験談に賛否

『めざまし8』3時のヒロイン・福田が配達員軽視? 下積み時代の経験談に賛否の画像

6月16日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)に、お笑いトリオ『3時のヒロイン』の福田麻貴が出演。下積み時代のアルバイトについて告白し、ネット上では賛否の声があがっている。



この日番組では、老後格差≠ノついて特集。その中で、『Uber EATS(ウーバーイーツ)』が働き口を失った年配者の受け皿となっていると紹介した。また、実際に福田が収入源を失った60歳の男性に密着し、シニアウーバーイーツの配達員として働く様子を取材した。


そんな中、福田自身も2年ほど前まで配達のバイトをしていたと告白。バイト中の心境について、「孤独っちゃぁ孤独ですね…」とコメント。福田はある時「雨の日に曲がり角でこけちゃって、なんでこんな雨の日に私、こんな大変な仕事してるんだろうって」と思ったことを明かし、「サンドウィッチがころころ転がって、(客に)謝って…」と下積み時代の辛い経験として話していた。


一見普通のバイトエピソードのように聞こえるが、視聴者は、福田の放った「こんな大変な仕事」というフレーズが引っかかった様子。実際にネット上では、


《悲劇のヒロインごっこか。なんかいい女気取りが気にくわないわ》

《配達も大変だと思うのに「こんな」って…ちょっと気分悪い。そんなことを思う人に配達されたくないよ》

《社会問題につながるテーマを簡単に芸能人にコメントさせるなよ。めざまし8って谷原章介といい、この人といい、トンチンカンなコメントしかしてないな》

《そのつもりはないのかもだけど、上から目線な感じがした。雨でもきちんと配達するプロに失礼でしょ》


などといった批判の声があがっている。


福田麻貴の発言を“失礼”とするのは早計?

しかし一方で、一言一句に批判の目を向けるネット民に対し、ネット上では


《福田の気持ちめっちゃわかる。低賃金で大変なことさせられるから、惨めな気持ちになる。福田が悪いんじゃなくて、雇用に問題があるんだよ》

《別に職種をバカにしてるわけじゃないでしょ。例えば「クリスマスにケーキ屋でバイトしてて惨め」なんてトークはいくらでもあるし》

《「配送業は大変だと感じた」ってだけの話であって、「配送業はみじめ」という意味じゃないのでは? なんでもかんでも目を光らせすぎ》

《バイトが大変だったエピソード話しただけでその職業の人に失礼だって? 面倒くさい人間が多い生きづらい世の中になったな…》


などと福田に擁護の声もあがっている。


「福田としては単にバイトの失敗エピソードを話しただけでしたが、一定数配達業を見下している≠ニ捉えてしまった人もいたようです。しかし、今回の発言で上から目線としていた人のなかには《『めざまし8』は的外れな発言ばっかり》という声もあがっており、番組としての司会進行やキャスティングなどの評価にもつながっているようでした。もっとも、『めざまし8』はメインキャスターである谷原章介の発言がたびたび炎上していますから、視聴者も過剰に反応してしまったのかもしれません」(芸能記者)


ひょんなことからバッシングを受けてしまった福田。言葉の捉え方は人それぞれだと思うが、まずは進行役である谷原が的確な意見をあげられれば、評価も変わってくるのかもしれない。


関連記事(外部サイト)