若槻千夏の“ストーカー行為”に批判殺到「普通に怖い」「やりすぎ」

若槻千夏が『今夜くらべてみました』で"ストーカー行為"告白 「男性だったら犯罪」

記事まとめ

  • 若槻千夏が『今夜くらべてみました』で、かわいい子について行ったエピソードを披露
  • 「もう盗撮すれば良かったな」とも漏らし、ネットでは批判が相次いだ
  • 「これが男性だったら犯罪って言われるんだから」「犯罪だよね」といった声も

若槻千夏の“ストーカー行為”に批判殺到「普通に怖い」「やりすぎ」

若槻千夏の“ストーカー行為”に批判殺到「普通に怖い」「やりすぎ」

若槻千夏の“ストーカー行為”に批判殺到「普通に怖い」「やりすぎ」の画像

タレントの若槻千夏が明かした迷惑ファン≠竍ストーカー≠フような行為が、ネット上で非難を浴びている。



6月16日、若槻は『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。ゲストのモデル・佐田真由美が娘2人もモデルの仕事に興味を持ち始めていると語ると、「見たことあるんです。めちゃくちゃかわいいです」と佐田の娘が原石であると称賛する。


若槻は当時について、「公園でひと際かわいい子がいて、脚長くて、『めっちゃかわいい! 親の顔が見たい!』って思っちゃって…。ちょっとその子の後ついて行ったんです」と回顧。「あまりにもかわいくて、絶対親は芸能人だと思って。そしたら、その先に佐田さんがいたの。モデルさんてモデルさん産むんだなって思ったんですよ」と興奮気味に振り返ると、さらに「私、木村拓哉さんの子どももついて行ったことあって」と続け始める。


Cocomi・Koki,のどちらかまでは明かされなかったが、若槻は「これは将来、絶対タレントになると思ってついて行ったら…」とひと目で才能を感じ取ったと指摘。「その先で木村さんがカフェでお茶してて。娘さんが近くに行って、もうこれで『確定です!』って」と続け、世間よりも早い段階で「売れる」と確信したことを明かしたのだった。


男性がやればストーカーなのに…女性の特権を生かした行為?

若槻はさらに「たった2人しか追いかけたことがないから、もう盗撮すれば良かったな」とも漏らし、スタジオには笑いが。しかしこれらの行為、よくよく考えればストーカー的な尾行に過ぎず、盗撮も未遂≠ノ終わったとはいえ全く褒められたものではない。


ネット上にも、この告白に対し


《いやいや、これ芸能関係でない一般人がやったら芸能人の方ってめくじら立てるやつじゃないですか?》

《これが男性だったら犯罪って言われるんだから 発言には気をつけて》

《世間からしたら常軌を逸した行為》

《それは怖いぞ。やりすぎではないか… 親側からしたら女性がついてきていても今の時代は怖いわ》

《普通に怖い。まだ「若槻千夏」だからいいけど、そのへんの一般人のおばちゃんやらおじちゃんだったら犯罪だよね》

《「かわいい子だな〜」っては思うかもしれないけど 尾行まではしないよ普通》


など、批判が相次いでいった。


「芸能人のプライバシー問題は古くから論じられていますが、スマホ社会で盗撮が容易となった現代は深刻化を増すばかり。芸人やタレントがトーク番組やSNSで、迷惑ファンやしつこい週刊誌に苦言を呈する光景は見たことがあるでしょう。相手が子どもという点も加味して、若槻の行動は犯罪自慢スレスレですね」(週刊誌記者)


子どもと親が一緒にいる場面を見ることで、経済状況等を推察するのは誘拐犯の常套手段。かなり際どいだけに、若槻の炎上も当然と言えよう。


関連記事(外部サイト)