転売ヤー擁護『ホビージャパン』大炎上で廃刊か…過去には“独禁法違反”も

転売ヤー擁護『ホビージャパン』大炎上で廃刊か…過去には“独禁法違反”も

転売ヤー擁護『ホビージャパン』大炎上で廃刊か…過去には“独禁法違反”もの画像

人気模型雑誌『月刊ホビージャパン』の編集者が、自身のツイッターで転売屋を擁護するようなツイートを投稿して炎上。同誌編集部の公式ツイッターが謝罪文を公開したのだが、尚も世間の人々の怒りは収まらないようだ。



問題となったツイートの中で編集者は、《転売を憎んでいる人たちは、買えなかった欲しいキットが高く売られてるのが面白くないだけだよね?》《頑張って買った人からマージン払って買うのって、普通なのでは》などと発言。また《転売されて困るのが一部のユーザーだけ》とも語っており、メーカー側などは転売屋に困ってはいない…といった持論を展開していた。


このツイートにネット上では、


《サイコパスかよ…》

《「転売屋から買うしかない」って状況になったら、ユーザーは離れていくよね?》

《じゃあホビージャパンもこれからは古本屋で買うわ》

《実際に転売で稼いでる人じゃないと、こんな発言出てこないだろ》

《転売屋を擁護するだけでなく、買えない人を侮辱するような発言もしてるし理解不能》


といった批判の声が。そのほか《もうホビージャパンは買わない》との声も相次いでおり、不買運動にまで発展している。


「ホビージャパン」の黒歴史まで掘り起こされてしまう

後日「ホビージャパン編集部」の公式ツイッターでは、《この度SNS等におきまして、当社編集者が昨今のホビー商品についての一方的な見解を述べ、皆様のホビーに対する想いや、当社に対する信頼を裏切る事態になってしまっておりますこと、お詫び申し上げます》といった内容の謝罪文を公開。また問題の編集者も、自身のツイッターで《この度は軽率な発言で多くの方を不快な思いをさせてしまい大変申し訳ありませんでした》などと謝罪していた。


しかし、その後も事態が沈静化することはなく、


《こんな謝罪文で収まるような話じゃない》

《市場妨害を擁護するような発言をしておいて、「すみません」で済むわけないでしょ》

《まぁ雑誌の売上は減るだろうな。こんな編集者が関わったかもしれない雑誌なんて見たくないし》

《このままホビージャパンが廃刊になってもおかしくないくらいの案件》


といった厳しい声が。たった1人の編集者のやらかし≠ェ、雑誌全体のイメージダウンに繋がってしまったようだ。


さらには、過去に独占禁止法違反の疑いで立ち入り検査された件も掘り起こされ、《この時からホビージャパンはヤバかったよな…》などと叩く人も。


「ホビージャパン」は今回の騒動で、編集者を退職処分にしたと発表。さらに、常務取締役など3人の降格も明らかにしている。同誌は失われた信頼を、再び取り戻すことはできるのだろうか。


関連記事(外部サイト)