向井理の“妻呼び”に女性ファン感動「超好感」「好きが増す」

向井理の“妻呼び”に女性ファン感動「超好感」「好きが増す」

(C)まいじつ

8月11日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、俳優の向井理が出演。何気ない一言で視聴者をキュンとさせたようだ。



この日は、さまざまな質問を向井にぶつけて、その人柄を探っていく企画。その中で、共演者の吉岡里帆から「完璧なイメージがあるけど、向井さんもおバカな一面があるんじゃないかと思いまして…」と話を振られた。


向井は「いっぱいありますよ」と前置きし、舞台の本読みの日に台本を忘れたときのエピソードを披露。「急いで走って家まで帰って、ベランダから台本を投げてもらって、妻に…」と明かす。これに『TOKIO』松岡昌宏は「それもワンシーンだね。台本投げたの、奥さん」と笑った。


向井はその後も、忘れ物がとにかく多いという欠点を明かし、家を出てから気づいて戻ることがよくあるため、往復の時間がもったいなくて「低層マンションにしか住めない。4階以上に住めない」などと話をまとめていた。


「奥さん」「嫁」はNG?

するとこのシーンに対して視聴者からは、向井の妻呼び≠ノ反響が。


《台本ベランダから投げてもらいました「「「妻に」」」」 グサァァァァ でも良い旦那さんすぎて好きが増すよね》

《いや向井理イケメンすぎん? これで既婚者は罪。妻呼びは萌え死ぬ》

《さっき、テレビで 向井理くんが「妻に…」って言ったんだけどね、 そこにキュンとしちゃって》

《向井理〜〜〜〜〜奥さんのこと妻って言う向井理〜〜〜〜〜〜〜来世では私と結婚しようね〜〜〜〜》

《なんでか向井理の家庭エピソードは許せるw もっと聞きたい 妻呼びしてて超好感》

《向井さん堪能した!! 「妻」呼びも聞けたし。奥さん、とかじゃなくて妻って呼ぶの好き》


といった好意的な声があがっている。


「最近では、男性芸能人が配偶者のことを奥さん∞嫁≠ニ呼ぶことを嫌悪する人が増えてきています。脳科学者の茂木健一郎氏も、ツイッターで《ぼくは別に言葉狩りをしようとは思わないけど、正直、苦手で嫌いな表現です》と、嫁呼びについて苦言を呈していたことがありました」(芸能記者)


向井と言えば、高学歴・高身長・運動神経抜群・イケボ・結婚後の女性スキャンダルナシ…という完璧すぎる男として有名。今回の妻呼び≠焉A向井の完璧さがわかる瞬間だったといえるだろう。


関連記事(外部サイト)