東野幸治と爆笑問題・田中に確執?『ダウンタウン』一派の気性の粗さが明るみに

東野幸治と爆笑問題・田中に確執?『ダウンタウン』一派の気性の粗さが明るみに

東野幸治と爆笑問題・田中に確執?『ダウンタウン』一派の気性の粗さが明るみにの画像

お笑いファンの間で有名な『ダウンタウン』松本人志と『爆笑問題』太田光の確執。そんな2人が8月28日放送の『FNSラフ&ミュージック 〜歌と笑いの祭典〜』(フジテレビ系)で共演を果たし、大きな注目を集めることに。しかし同番組での2人は、どうも世間が思っているほど不仲という訳でもなさそうだった。やはり芸歴の長いベテラン勢には、他の芸人との不仲説が付いて回るものなのだろうか。



8月27日深夜放送の『東野幸治のホンモノラジオ』(ABCラジオ)では、パーソナリティー・東野幸治と「爆笑問題」田中裕二が共演した20年以上前の番組に関するメールがリスナーから寄せられた。内容は「ボケる太田に田中がツッコミを入れようとする度、東野と今田耕司が邪魔をしていた」というもの。


リスナーによると、東野と今田は何度も出鼻をくじき、田中は見る見るうちに表情を曇らせていったという。当時の番組を見ていたリスナーは、東野と今田に対して「この2人怖いな」と恐怖を覚えたとのことだ。


このメールに対して、東野は笑いながら肯定。当時を振り返りながら田中に謝罪すると、最近はプライベートでも親交があり、不仲ではないことを明かした。


怖すぎる? ギスギスした東西お笑い界隈…

若気の至りとはいえ、東野と今田の陰湿な行動に驚いた人も多いようで、ネット上には、


《この話、いじめ問題と何が違うんだろう?》

《関西芸人のこういうところが嫌い》

《ツッコミを妨害ってヒドすぎだろ》

《この方の性格の悪さはね…》

《当時は対抗心もあったとは思うけど見ている方は気持ち良くないし笑えない》


などさまざまな意見が飛び交った。


「当時の確執の凄まじさが分かるエピソードはこれだけではありません。『ダウンタウン』一派だった今田は、松本と不仲だったお笑いタレント全員に敵意を剥き出しにしていたそう。特に松本と仲が悪いとウワサされていた中山秀征とは険悪で、1993年から94年に放送されていた『殿様のフェロモン』(フジテレビ系)では、プロデューサーから中山を『秀ちゃんと呼びなさい』と命じられても、頑なに中山くん≠ニ呼んでいたという話も。お笑いに関しては、関西と関東で確執のある人が多いですね」(芸能ライター)


歳を重ね、今では丸くなった芸人も多い。10年後20年後には、今の若手芸人の確執も明らかになりそうだ。

関連記事(外部サイト)