糸井重里“ウーバーイーツ清潔感ない”発言で炎上「想像力の足りない人」

糸井重里“ウーバーイーツ清潔感ない”発言で炎上「想像力の足りない人」

寄稿者 Mix and Match Studio

コピーライターの糸井重里が、『Uber EATS(ウーバーイーツ)』の配達員を馬鹿にする発言をしたとして、炎上している。



糸井は8月31日、自身のツイッターを更新。《ウーバーイーツ?って頼んだことないんだけど、配達してくれる人の服装の清潔感とかサンダル履き禁止とか自転車の汚れ方とかについてのルールはないみたいだね》とツイート。あたかも配達員が汚らしいかのような不満をこぼしていた。



ウーバーイーツ?って頼んだことないんだけど、配達してくれる人の服装の清潔感とかサンダル履き禁止とか自転車の汚れ方とかについてのルールはないみたいだね。


— 糸井 重里 (@itoi_shigesato) August 31, 2021



糸井の見解に対し、ネット上では


《考えたこともなかったです。うちの父は街で彼らを見かけるたびに「炎天下の中大変だ。こういう子たちが払う年金が自分にきてるのかと思うと手を合わせたくなる」と言ってました》

《最低限の清潔さは必要だと思いますが、一件運んで300円の現状を知ってますか?》

《想像力の足りない人ですね。汗だくで自転車こいでるんだから、服も汚れてくるのは仕方ないのでは》

《決して小綺麗とは言わないけど、町中を駆け回ってるわけだしね。ホテルのルームサービスと勘違いしてるのかな?》

《利用もした事ないのに配達員を一括りにして印象悪くなるような発信されるのは悲しいですね。著名人である糸井さんがSNSでこういう発言してること自体がモラル的におかしい》


などと非難の声が続出している。


糸井重里の偏った見解に非難

「近年、巣ごもり需要の高まりから、『Uber EATS』で働く人が急増しています。確かに中には交通ルールを守らず、不衛生に見える配達員も散見されますが、多くは糸井が言うほど、汚らしいわけではありません。そもそも自転車の汚れまで指摘することに意味があるとは思えませんね。キレイに洗車されたハイヤーなどと勘違いしてるんじゃないでしょうか。糸井ほどの著名人なら、まず1度、自分で『Uber EATS』を利用してみてから主張を述べてほしいものです」(ネットニュースサイト編集者)


『Uber EATS』の配達パートナーガイド≠ノは清潔感≠フ項目があり、「レストランや注文者の期待に応えられるようなキレイで清潔な服装を心がけましょう」「配達用バッグや車両をこまめに掃除し、注文者やレストランパートナーの視点で見ても常に清潔で安心感を与えられる状態になっているよう、心がけましょう」とある。


どうやら糸井が心配しなくても、きちんとルールは定められているようだが、あからさまに配達員を批判するような言い方に、多くの人が上から目線≠感じてしまったようだ。

関連記事(外部サイト)