『ヒルナンデス』ファッション対決の判定に疑問「忖度?」「出来レース」

『ヒルナンデス』ファッション対決の判定に疑問「忖度?」「出来レース」

『ヒルナンデス』ファッション対決の判定に疑問「忖度?」「出来レース」の画像

人気昼番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の定番企画といえば、番組スタート時から人気を博すコーディネートバトル。時には判定をめぐって物議を醸すことも多い同企画が、またも視聴者の不信を買ってしまったようだ。



今回行われたのは、人気ファストファッション大手『ファッションセンターしまむら』でコーディネートを競う新企画『しま1グランプリ』。しまむら好きを自称するタレント4名が、テーマ・制限時間・上限金額内でセンスを競い、トーナメント方式で「しま1グランプリ2021初代王者」を決定することに。


参加したのは奇跡の68歳・夏樹陽子と、元『乃木坂46』堀未央奈、ファッションユーチューバー・こすぱっしょんゆりえ、モデルの益若つばさといった多ジャンルの面々。予選1回戦は堀と夏樹の44歳差対決が行われ、みごと夏樹に軍配が上がる。


続く予選2回戦では、益若がユーチューバーにモデルの意地を見せて大勝利。最終決戦は夏樹と益若で行われ、設定金額5000円、「華のある 記念日レストランデートコーデ」がテーマとなる。益若が選んだのは、黒のワンピースと、透け感が強いベージュの7部袖ガウン。足元はサンダルでキメ、総額4906円とは思えない雰囲気にワイプ出演者も感心の表情を浮かべる出来だった。


植松晃士氏のジャッジに疑問噴出「出来レースすんなよ!」

対する夏樹は、肩がヒラヒラとした黒のトップスに、白い編み編みのレースパンツをチョイス。モノトーンで大人のオーラを醸したようだが、あまりに大人すぎてマダムのような雰囲気も漂ってしまっている。しかし、審査員のファッションコーディネーター・植松晃士氏は、「フォーマルで女性らしいデザインが◎」として夏樹に勝利の判定。益若は「オシャレすぎてデートに向かない」として、あえなく敗退してしまったのだった。


しかし、視聴者の多くは益若の方がオシャレだと感じたようで、ネット上には


《いや優勝は益若つばさやろ! しょうもない出来レースすんなよ!》

《益若つばさのコーデの方が断然好きなんだよなぁ 植松さんこれ忖度ちゃうん?》

《植松さんの忖度が流石にやばすぎでは笑》

《忖度って言いたくないがまじで植松さんのジャッジは疑問感じる事多くてやだ》

《植松さん、負けさせた理由が下手すぎる》

《夏樹陽子さんの最後のコーデ派手めの人の入院中?コーデみたいに見えちゃうんだけど…》


などと異議が続出。「オシャレすぎてデートに向かない」という謎の理由も相まって、忖度判定≠ニの疑惑が持たれてしまった。


それにしても「オシャレすぎて」負けるとは…。ファッションとは難しいものだ。


関連記事(外部サイト)