『TOKYO MER』最終回に不在のキャラが…! 視聴者が落胆「残念です」

『TOKYO MER』最終回に不在のキャラが…! 視聴者が落胆「残念です」

画/彩賀ゆう

9月12日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(TBS系)の第11話・最終回が放送された。あるキャラが不在であったことに、視聴者からは残念がる声があがっている。



事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チームTOKYO MER≠フメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり、医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。


最終回では、エリオット・椿(城田優)による連続爆破テロで東京中が炎上。最愛の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)を亡くし、失意のどん底にいた喜多見は、MERメンバーが出動していくさまを見ていることしかできなかったのだが、元妻・高輪千晶(仲里依紗)の言葉によって復活。現場で指揮をとり、死者ゼロ≠ノ大貢献した。


一方、椿は公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)らの発砲によって重傷を負う。月島は「妹のかたきは取ってやったぞ」と喜多見に声をかけるのだが、喜多見は死にそうになっている椿の治療を始める。「目の前の命を見捨てたら俺は医者じゃなくなります」と、言葉にするのだった。


「馬場さんが嫌な奴のままで終わってしまった」

ネット上で話題になっているのは、月島が登場したシーン。実は月島を演じる稲森が新型コロナウイルスに感染した影響からか、第10話で月島の出番は一切なかった。それが最終回で再び登場したことで、視聴者からは喜びの声があがっている。


ただ、月島の部下・高松は、第10話に引き続き不在。高松を演じていた俳優の馬場徹も稲森同様にコロナ感染していたが、最終回の撮影までに回復できなかったのだと思われる。これにネット上では


《馬場徹だけ復帰出来ひんかったんかな… かわいそうに》

《最終回、馬場徹復帰出来ず残念》

《公安の月島さんが出てきたのは嬉しかったけど、高松(馬場徹)がいなかったのが残念です》

《残念だったのは 好きな俳優さんの1人でもある 馬場さんが嫌な奴のままで終わってしまったことよ…コロナめぇ》

《稲森いずみさんは復活してるけど 馬場さんは間に合わなかったのか…》


など悔やむ声があがっている。


一番悔しいのは、馬場本人であるだろう。



今日は #tokyomer #8話 放送です?
空白の1年に一体何があったのか。そしてMERの行方は!?ご覧下さい? pic.twitter.com/UfiZEOEdng


— 馬場 徹 (@baba_toru_) August 22, 2021



関連記事(外部サイト)