『ノンフィクション』余命わずかでコロナ感染…“終活”ドキュメントが物議

『ノンフィクション』余命わずかでコロナ感染…“終活”ドキュメントが物議

『ノンフィクション』余命わずかでコロナ感染…“終活”ドキュメントが物議の画像

9月12日放送のドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)が、ネット上で大きな話題となった。



この日放送されたのは、『人生の終わりの過ごし方 〜「ダメ人間マエダ」の終活〜 前編』。自らを「ダメ人間」と呼ぶマエダは44歳のパチスロライター。都心の裕福な家庭の一人息子として生まれ、幼稚園からエリート街道を歩むものの、同級生の中でただ1人だけ大学に進学せず、ギャンブルにのめり込み、トラック運転手やパチスロ店、豆腐店、転売業など職を転々としてきた。


20歳で最初の結婚をしたが今は「バツ2」で、元妻たちとの間には3人の子どもがいるが、会うことはない。現在は、年老いた母と2人で暮らしている。40代になり、ようやく巡り会えた天職がパチスロライターの仕事。記事を書き、番組やDVDにも出演、ゲスなキャラクターとスーツ姿で、ファンに愛されてきた。


しかしそんなマエダが2020年2月に、余命宣告を受ける。過去に手術したがんが進行し、全身に転移。医師からは「余命は3カ月から半年」と言われた。マエダは友人たちに全てを語り、「最後まで楽しく死にたい」と、自らの終活≠ノ付き合ってもらうことに…。


余命わずかでも自粛をするべき?

「ネット上で物議を醸したのが、マエダが終活≠ニ称して、コロナ禍の中で何度も仲間たちと集まって店でお酒を飲んでいたこと。さらに大阪や沖縄に旅行などもしていたのですが、その結果なのか新型コロナウイルスに感染したのです」(芸能記者)


本来ならばネット上で大バッシングが起こりそうなマエダのコロナ感染だが、余命わずかであったことから同情の声も多い。視聴者の間では


《複雑な気持ちだけど、自分の家族や友人や大事な人がこの最後を望んだら「コロナ禍なんだから諦めて大人しく死を待て」なんて言えるのか自分は言えない》

《コロナ禍でも出歩いてコロナなりました「ガンがー」「いたいー」と言われましても…》

《終活してるのはわかるし、仲間内で集まりたいのはわかるけど…都内から大阪や、ましてや沖縄行ったり…コロナなった後も飲みまくる…うぅん…って感じたな》

《コロナ禍ででかけるのはアウトだけど、自分の余命が短いとわかったから会いたい人とは会っておきたいし、外出たいよね》

《健康だったら確実叩かれ案件。コロナ禍は終活するのさえモヤモヤを生むんだね…》


といった意見が飛び交っていた。


なお、マエダのツイッターは2021年5月8日に「ありがとう」との投稿を最後に更新されていない。


関連記事(外部サイト)