『#家族募集します』雑な最終回に猛ツッコミ!“恋愛フラグ”回収されず…

『#家族募集します』雑な最終回に猛ツッコミ!“恋愛フラグ”回収されず…

画/彩賀ゆう

『ジャニーズWEST』重岡大毅が主演の連続ドラマ『#家族募集します』(TBS系)第9話・最終回が、9月24日に放送された。回収されなかった伏線に批判が起こっている。



主人公の赤城俊平(重岡)は、妻が不慮の事故で亡くなり、3カ月前にシングルファーザーになったばかり。5歳の息子・陽(佐藤遙灯)の育児と、仕事に追われる日々を過ごしている。そんな時、偶然再会した幼馴染でお好み焼き屋「にじや」の住み込み店員・小山内蒼介(仲野太賀)がSNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうと突飛な提案をする。そして、5歳の娘・雫(宮崎莉里沙)を育てるシングルマザーの教師・桃田礼(木村文乃)、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライター・横瀬めいく(岸井ゆきの)と6歳の息子・大地(三浦綺羅)とともに「にじや」の2階に住むことになるのだった。


最終回では、疎遠だった「にじや」の店主・銀治(石橋蓮司)の息子家族が戻ってくる。また家族で暮らしたいという息子家族らの意向に沿い、シェアハウスをしていた俊平たちは解散することになったのだが…。


散々立てていた恋愛フラグを放り投げ

「これまでの話で、礼が俊平に好意を寄せているような描写が何度もあり、恋愛フラグが立っていました。しかし最終回では、特に関係が進展しないままで終わり。他にも、礼の後輩教師が礼に好意を寄せている描写もあったのですが、こちらに関しても全く動きがないまま終わり。蒼介とめいくの間にもフラグ的なものがあったのですが、これもスルー。今までの恋愛フラグは何だったのか?と首をかしげてしまうような最終回でしたね」(芸能記者)


ネット上でも恋愛の伏線をほったらかしにしたことを指摘する声は多く、


《このラストを見ると、余計に途中の礼さん恋愛フラグいらなかったよなーと思うわ》

《え? 終わり? 散々俊平と礼、そうちゃんとめいく、礼と後輩の先生の恋愛的なやつ匂わせといて? あのくだりなければもっといろんなシーン盛り込めたよね?》

《礼との匂わせがホントに不要だった。あんなもんに延々と時間かけるなんて》

《ちょこちょこ礼さんが俊平を好意的に見てる伏線回収はまだですか?》

《散々立ててた恋愛フラグ、最終回恋愛のれの字も出てこんくてよかった笑》

《恋愛フラグ立ってたのに! 何もない!》


といったツッコミが寄せられている。


これは続編制作のフラグなのだろうか。



#家族募集します オールアップ?


皆さま、3ヶ月間ご視聴頂き本当にありがとうございました???


重岡くんが笑顔溢れる素敵な現場を作り上げてくれたので、公式もいろんな姿を皆さんにお届けすることができました?#Paraviでは全話一挙配信中#最終回をご覧になりたい方はTVerへ
???????? pic.twitter.com/5pY83YV7qg


— 【公式】#家族募集します 今夜10時最終回 (@kazoku_tbs) September 27, 2021



関連記事(外部サイト)