『ヒロアカ』327話 爆豪勝己の“下半身”にツッコミ続出!「斬新」「笑い転げた」

『ヒロアカ』327話 爆豪勝己の“下半身”にツッコミ続出!「斬新」「笑い転げた」

『ヒロアカ』327話 爆豪勝己の“下半身”にツッコミ続出!「斬新」「笑い転げた」の画像




9月27日発売の『週刊少年ジャンプ』43号に、人気漫画『僕のヒーローアカデミア』の第327話『REST!!!』が掲載された。これまでのシリアス路線とは打って変わってギャグたっぷりのエピソードとなったが、中でも風呂シーンの1コマが大きな注目を集めているようだ。



※『僕のヒーローアカデミア』最新話の内容に触れています

これまで1人でヴィランと戦っていた緑谷出久が「雄英高校」へと帰還。1年A組のメンバーは疲労困憊の出久を風呂に入れ、甲斐甲斐しく世話を焼く。そんな休息のひと時にあって、出久は仲違いしたオールマイトのことを気に病んでいた。


そこへ絶好のタイミングで、オールマイトが出久たちのもとにやってくる。オールマイトは出久の力になれなかったことを詫び、出久もこれまでの暴走を謝罪。ようやく出久も気が休まったのか、いつしか眠りに落ちてしまった。そして彼の寝顔を見ながら、1年A組のメンバーはあらためて戦いへの決意を固めていく。


今回、とくに読者の目を奪ったのは、前半で描かれた1年A組男子たちの風呂シーン。気心の知れた面子であるためか、誰も腰にタオルなどは巻いていないのだが、巧みな構図や障害物で大事な部分は隠されていた。しかし爆豪勝己の下半身が正面から描かれた際に、その部分を隠す湯気がち〇ち〇≠フ文字となっていたのだ…。


『コロコロコミック』のようなギャグ描写に話題沸騰

これまで、ヴィランとの攻防や出久の葛藤、1年A組との対決など、シリアスかつ重たいエピソードが続いてきた同作。今回は久々に和やかなストーリーとなったが、爆豪の下半身はエンジン全開のギャグに振りきっていた。


あまりにギャップの大きい展開に、読者の間では《ヒロアカ本誌、爆豪の下半身隠してる湯気が「ち〇ち〇」になっててくっそワロタ》《湯気でこんなに笑うことになるなんて…w》《かっちゃんの股間の印象が強すぎる。湯気おい湯気》《A組めちゃくちゃ良かったけどかっちゃんの湯気に全部持っていかれた》《湯気での隠し方あまりに斬新じゃなかった? 笑い転げたんだけど?》と爆笑の声が溢れかえっている。


なお今回のラストシーンでは、オール・フォー・ワンおよび死柄木弔に関する情報がプロヒーローのもとに届いたことを予感させる一幕も。楽しい時間がいつまでも続いてほしいものだが、残念ながらそうはいかないらしい。ふたたび団結した1年A組の力が見られる日も近そうだ。


文=野木

写真=まいじつエンタ