『ウイイレ』後継作『eFootball』大炎上!『FIFA』シリーズとの明暗クッキリ

『ウイイレ』後継作『eFootball』大炎上!『FIFA』シリーズとの明暗クッキリ

『ウイイレ』後継作『eFootball』大炎上!『FIFA』シリーズとの明暗クッキリの画像




コナミデジタルエンタテインメントの最新サッカーゲーム『eFootball 2022』が絶賛炎上中。公式ツイッターで謝罪文が公開されるほどの事態に発展してしまったが、今後の修正で再評価されることはあるのだろうか。



「eFootball 2022」はサッカーゲームの金字塔『ウイニングイレブン』を継ぐ、新たなブランドとして注目を集めていた作品。しかしリリース直後に国内外のプレイヤーから多くの不具合が報告され、「ウイイレ」シリーズで活躍してきたプロプレイヤーも苦言を呈するようなクオリティーだった。


具体的にどんな不評が寄せられているかというと、「選手たちのグラフィックが不気味」「操作がもたつく」「バグが多すぎる」といった点が問題視されている模様。SNSなどでは《eFootball2022。クソゲーと言わざるを得ない》《ユーザーバカにするのもいい加減にしろよ》《これほどの酷い出来って前代未聞じゃない?》《ゲーム史に残るクソゲーだな》と酷評が飛び交っている。


そんな中、「eFootball」の公式アカウントは、配信開始からわずか1日後の10月1日に謝罪ツイートを投稿。《本商品について、パスのスピードやディフェンス操作など、ゲームバランスについてのご意見やご要望を数多くお寄せいただいていること、また、デモシーン、選手の表情や動き、ボールの挙動などに不具合が報告されていることを、制作チームでも確認しております》と説明しつつ、継続的なアップデートによってゲーム内容を改善していく旨を明かした。



【『eFootball? 2022』について】
本商品について、パスのスピードやディフェンス操作など、ゲームバランスについてのご意見やご要望を数多くお寄せいただいていること、また、デモシーン、選手の表情や動き、ボールの挙動などに不具合が報告されていることを、制作チームでも確認しております。


— eFootball?公式 (@we_konami) October 1, 2021



サッカーゲームは「FIFA」一強時代に!?

前代未聞の炎上騒動を巻き起こしてしまった「eFootball 2022」だが、唯一の救いは同ゲームが基本プレイ無料であること。もしフルプライスのゲームだったらどれくらい批判されていたのか、考えるだけでも恐ろしい。


今後の修正で評価を覆す余地が残されているものの、ユーザーの不満点は多岐にわたっており、ちょっとやそっとの修正で改善できるかは疑問。不具合についてはともかく、単純にゲームとして《つまらない》とこき下ろすユーザーもおり、ゲームの根本から見直さなくてはならない可能性もある。


また、EAスポーツのサッカーゲーム『FIFA 22』の存在も看過できないところ。こちらはつい先日発売された「FIFA」シリーズの最新作だが、「eFootball 2022」と比べてかなり好評。以前からサッカーゲームファンの間では「ウイイレかFIFAか」の議論が白熱していたが、残念ながら「eFootball 2022」に関しては比較の土俵にも立てていない現状だ。このままでは大量のウイイレプレイヤーが、「FIFA 22」に流れてしまいかねない。


今後のサッカーゲームは「FIFA」シリーズ一強になってしまうのだろうか。「eFootball 2022」の今後の改善を見守っていきたい。


文=大上賢一


【画像】


master1305 / PIXTA