宮迫博之“ひろゆき”と平気でコラボ! 元相方・蛍原を誹謗中傷したのに…

宮迫博之“ひろゆき”と平気でコラボ! 元相方・蛍原を誹謗中傷したのに…

宮迫博之“ひろゆき”と平気でコラボ! 元相方・蛍原を誹謗中傷したのに…の画像

闇営業問題で吉本興業を契約解除となり、この夏には30年以上続いたコンビ『雨上がり決死隊』を解散させた宮迫博之。巨大事務所とケンカ別れ≠オたことでテレビからもすっかり干され、今やユーチュバーと化しているのは周知の通りだろう。



そして現在、食っていくためになりふり構わないコラボ≠しているのも彼の特徴だ。その無節操さは、かつての相方・蛍原徹を精神病∴オいした非人道的な男にまで及んでいるから驚きである。


その男というのは、賠償金を踏み倒し続け、アメリカで陰謀論者・Qアノンを誕生させた掲示板『4chan』管理人のひろゆき。ひろゆきは8月20日のYouTube配信にて、蛍原を「蛍原さんの回しで面白かった部分ってあまりない」「蛍原さんじゃない人がやったとしても完全に成立する」「蛍原さんの名前で冠番組のオファーするテレビ局ありますかというと、多分ないんですよ」「ぶっちゃけ冠番組作る実力ないよね」などと口汚く攻撃したのだ。


挙句の果てには、「そこら辺の冷静な判断が出来てない時点で、蛍原さんはちょっとカウンセリングとか受けた方がいいかなと思ったんですよ」と、薄い根拠で精神病者≠ノ認定。一方的に病人扱いするという、誹謗中傷の中でも特に酷い人格攻撃を行なった。


元相方を精神病扱いした男と平気でコラボ…

解散後とはいえ、長年連れ添った元相方をここまでけなされれば、普通はいい気がしないだろう。しかし、これは普通≠フ話。なりふり構っていられない宮迫は、このひろゆきとのコラボまで嬉々として行なっているのだ。


10月10日には、カップルユーチュバーが配信する「カップルチャンネル」の実態を調査するというコラボ動画を配信。息ピッタリな掛け合いは、まるでこちらが現在の相方だと言わんばかりの仲睦まじさだった。もはや蛍原のことなど全く気にもしていない雰囲気だ。


「蛍原を精神病認定した卑劣なひろゆきは論外ですが、元相方をあれだけ貶した相手とコラボする宮迫も宮迫です。もはや2人はモラルもなければ人の心もない、金で結ばれた守銭奴ペアと言わざるを得ないでしょう。なんせ、ひろゆきは宮迫のYouTubeをプロデュースしている企業の取締役に名を連ねており、2人はビジネス上の利害関係者≠ナすからね」(WEBジャーナリスト)


2021年、全国の「ひろゆき」さんはとんでもない風評被害を負う1年となっている。


関連記事(外部サイト)