ハライチ・岩井の“暴行”エピソードを信者が称賛…「岩井さんやべー」

ハライチ・岩井勇気が過去に澤部佑を殴ったことを自慢気に語る 岩井ファンは礼賛

記事まとめ

  • ハライチが『TOKIOカケル』に出演し、1度だけあったという解散危機を明かした
  • 澤部佑がネタに苦言を呈したら、岩井勇気に殴られて自転車と一緒に倒れたという
  • ネット上では「ネタ受け取り師が反抗したら殴るわな」など、岩井ファンが礼賛している

ハライチ・岩井の“暴行”エピソードを信者が称賛…「岩井さんやべー」

ハライチ・岩井の“暴行”エピソードを信者が称賛…「岩井さんやべー」

ハライチ・岩井の“暴行”エピソードを信者が称賛…「岩井さんやべー」の画像

お笑い界でもとりわけ熱心なファンを抱える『ハライチ』の岩井勇気が、過去の暴力行為を自慢気に語った。さながらバカッター≠フような武勇伝の自分語りで炎上すると思いきや、なんとファンはこれを手放しで礼賛している。



「ハライチ」は10月13日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。幼稚園からの幼なじみ同士という長い関係の中で、1度だけあったという解散危機を明かした。澤部は「だいぶ若い時ですけど…。地元の原市駅でネタ合わせしていて」として、「『このネタ面白くない。これは明日、舞台出られないな』って、結構言って…」とネタ担当の岩井から渡されたネタに苦言を呈したことを回顧。「そしたらこいつがもちろん、怒るじゃないですか、ネタ書いてるから。で、バーン!って。気付いたらもう自転車と一緒に倒れてた」と、派手に倒れたことを明かした。


岩井は殴った理由について、翌日のライブへ向けてネタを直す時間がないこともあり、ネタを作っていない澤部に腹が立ったと指摘。当時の澤部は殴り返さず泣き出し、「駅の前で深夜12時ぐらい、ワーって。ポロポロポロって泣けてきて、もう解散しようって。一瞬よぎりましたよ」と澤部から解散を切り出したと明かした。岩井は解散の提案に、「まあまあまあ、解散はないだろう」と冷静になだめたという。


岩井信者大興奮「気分よい」「魅力がある」

いかなる理由があろうと手を挙げることは、絶対に許されない行為だが、ネット上には


《コンビ仲がよいコンビは観ていて気分よい》

《どう考えても岩井さんの方がやべーヤツですよ 誉め言葉ですw》

《このエピソードだけで、仲の良さとストイックさがよくわかります》

《ネタ受け取り師が反抗してきたら殴るわなw》

《コミュ力が高そうに見える澤部は意外にヘタレ。岩井の方が肝が据わってる》

《岩井がはじけ出した時のハライチは絶対にハズレがない。結局今でも残り続けてるのは運でもゴリ押しでもない。面白い+αの魅力がある》


など、岩井のファンから歓喜の声が。どうやら、彼らは教祖のためなら非人道的な行為も礼賛するようだ。


上から目線でお笑い論を語るお得意の話術で、ロジカルに詰めれば良かったものを…。


関連記事(外部サイト)