『バイキング』小木博明が“不謹慎”発言で炎上「やばくない?」「非常に失礼」

広告看板の梅宮辰夫さんの顔が塗りつぶされる おぎやはぎ・小木博明がネタにし炎上

記事まとめ

  • 広告看板の梅宮辰夫さんの顔だけが塗りつぶされたと梅宮アンナが告発した
  • 小木博明は「白い布ですよね。顔に被せるならね」と故人をネタにするような発言をした
  • MCの坂上忍が心配した通り、ネット上で「非常に失礼で不謹慎」など、批判殺到している

『バイキング』小木博明が“不謹慎”発言で炎上「やばくない?」「非常に失礼」

『バイキング』小木博明が“不謹慎”発言で炎上「やばくない?」「非常に失礼」

『バイキング』小木博明が“不謹慎”発言で炎上「やばくない?」「非常に失礼」の画像

10月20日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、故・梅宮辰夫さんの顔の部分だけが黒塗りにされた広告看板をめぐる騒動について報道。そこで『おぎやはぎ』の小木博明が耳を疑うような発言を繰り出す一幕があり、波紋を広げている。



コトの発端は、梅宮さんの娘でタレントの梅宮アンナの告発。10月18日に更新されたアンナのインスタグラムによると、梅宮さんは生前、骨董品店の広告キャラクターを務めていたそう。


梅宮さんが亡くなったため2020年末に広告契約が終了したのだが、骨董品店は梅宮さんの写真を使用した広告看板を撤去せず、そのまま使用し続けていた。アンナが弁護士を通してこのまま契約を続けるか写真を取り下げるか伝えたところ、広告看板の梅宮さんの顔だけが黒いガムテープで塗りつぶされていた…というのが騒動の全貌だ。


このニュースに対して、小木は骨董品は亡くなった人のほうが価値が上がることがあるため、看板も同じような意図があったのではないか≠ニいう持論を展開。さらに「せめてガムテじゃなくて、白い布ですよね。顔に被せるならね」と故人をネタにするような発言を繰り出した。


不謹慎すぎる? 小木博明にドン引きする視聴者

そんな小木に対してネット上では、


《バイキングの小木! シャレにならんぞ! 看板より悪質だわ!》

《小木はもうしゃべるな》

《小木の白い布発言はやばい、アンナVS小木始まるぞ》

《小木さんの発言、「死後のほうが価値が出る」とか「黒塗りじゃなくて白い布のほうが」とか、亡くなった方と家族に対して、非常に失礼で不謹慎だと思う》

《バイキングつまらな過ぎるし、小木ヤバくない?》


などと批判の声が多く見受けられた。視聴者だけではなく、MCの坂上忍もこの日の小木の発言を心配していたようで、トークの最中に「俺ちょっとドキドキしてるけど、大丈夫かい?」とコメント。しかし坂上の言葉も虚しく、小木は問題発言を連発するのだった。


無理に芸人としての役割を果たそうとし、視聴者を不快にさせてしまった小木。人の死を笑いに変えようとした小木のやっていることは、梅宮さんの顔を黒く塗りつぶした骨董品店と変わらないと思うのだが…。梅宮さんに限らず、故人をネタにするような発言は控えてほしいものだ。


関連記事(外部サイト)