菜々緒の“助演賞”が違和感だらけ…『ドラマアカデミー賞』に疑問!

ドラマアカデミー賞で『TOKYO MER』菜々緒が助演女優賞 記者から違和感の声

記事まとめ

  • 夏ドラマ対象の『第109回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞』が発表された
  • TBS系『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』が圧巻の5部門受賞となったが疑問の声も
  • 助演女優賞は菜々緒だが、同作品で「菜々緒は全然目立っていなかった」との指摘

菜々緒の“助演賞”が違和感だらけ…『ドラマアカデミー賞』に疑問!

菜々緒の“助演賞”が違和感だらけ…『ドラマアカデミー賞』に疑問!

画/彩賀ゆう

2021年の夏ドラマを対象に開催した『第109回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞』が発表された。『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(TBS系)が圧巻の5部門受賞となったが、これに疑問の声があがっている。



受賞項目は以下の通り。


最優秀作品賞:「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」

主演男優賞:鈴木亮平(「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」)

主演女優賞:小芝風花(「彼女はキレイだった」)

助演男優賞:賀来賢人(「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」)

助演女優賞:菜々緒(「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」)

脚本賞:根本ノンジ氏(「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」)

監督賞:松木彩D、平野俊一D、大内舞子D、泉正英D(「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」)

ドラマソング賞:Sexy Zone「夏のハイドレンジア」(「彼女はキレイだった」)


「『MER』は相当な話題作であったので、作品賞を取るのは、まぁほとんどの人が納得でしょう。今期の夏ドラマは、『MER』と『ハコヅメ』の2強でしたからね。主演の鈴木、そして裏主人公でもあった賀来がそれぞれ賞を受賞するのもうなずけます。しかし菜々緒が助演女優賞は…」(芸能記者)


全然目立ってなかった菜々緒が謎の選出

菜々緒は同作で、救命救急に関する知識と経験が豊富な看護師を熱演していたのだが…。


「菜々緒の演技がどうこうというわけではなく、単純に『MER』という作品において、菜々緒が全然目立っていなかったのです。同じく助演賞≠とっている賀来と比べると、その活躍度合いはハッキリ言って1/10程度。キャラクター性にしても、いつも菜々緒が演じているクールキャラ≠ナなんの新鮮味もなかった。『MER』の中で無理やり選ぶとすれば、佐藤栞里の方がよっぽど活躍していたし、演技も悪くなかった。他の作品から選んで良いのなら、『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の岡崎紗絵あたりが妥当でしょう」(同・記者)


菜々緒も困っていることだろう。


関連記事(外部サイト)