今年の『紅白』はセクハラ祭り? BiSHと純烈の出場に疑問の声

【NHK紅白歌合戦】BiSHと純烈出場に疑問の声 BiSHに「出禁になって欲しい」と期待も

記事まとめ

  • 『NHK紅白歌合戦』初出場が決定したBiSHが会見で問題発言を繰り出し失笑を買っている
  • 大声で男性器の名前を叫ぶなどし「セクハラじゃね?」などと批判が殺到していた
  • 一方で「伝説を残して出禁になって欲しい!」「やっぱBiSH最高!」と称賛の声もあった

今年の『紅白』はセクハラ祭り? BiSHと純烈の出場に疑問の声

今年の『紅白』はセクハラ祭り? BiSHと純烈の出場に疑問の声

今年の『紅白』はセクハラ祭り? BiSHと純烈の出場に疑問の声の画像

年末の風物詩である『NHK紅白歌合戦』に、楽器を持たないパンクバンド=wBiSH』の初出場が決定。11月19日の会見に登場したが、そこで問題発言を繰り出して失笑を買っているようだ。



会見には初出場の6組が登場し、和久田麻由子アナウンサーが1組ずつ紹介していく。そこで「BiSH」は円陣を組み、大声で男性器の名前を叫ぶのだった。


「叫んではいけない言葉を発しただけでなく、『BiSH』は卑猥なデザイン衣装を着用しています。『紅白』にちなんで、赤と白を使った衣装は、腹部から下半身にかけて大きな男性器を催したデザインが施されていました」(芸能ライター)


どうやら彼女たちにとってはお馴染みの掛け声だったらしいが、堂々と下ネタを繰り出す「BiSH」の行動に、


《これは環境型セクハラ》

《男性に対するセクハラじゃね?》

《この衣装や円陣に抗議しないのですか? 萌え絵に抗議して露骨な男性器アピールは放置なんですか?》

《たくさんいるグループのなかで少しでも目立ちためにやっている・やらされているなら、かわいそうとしか思えない》

《いい年してコレが面白いと思っている感性がイタい》

《これなら受信料は払わなくて良いっすね》


などと批判が殺到していた。


セクハラ、不倫、3股…なんでもありの紅白歌合戦

「紅白は『BiSH』だけでなく、セクハラ騒動で話題になったムード歌謡コーラスグループ『純烈』も出場します。『純烈』のセクハラ騒動は、リーダーの酒井一圭によるもの。戦隊ヒーローショーに『純烈』が出演した際、酒井がヒロインであるガオホワイトのお尻を撫でたのです。酒井はご丁寧に、その様子を収めた動画を?#ガオホワイトの尻≠ニいうハッシュタグをつけてツイッターにアップ。会場でもウケ、自らSNSへアップし、ファンも特にとがめることがないという異常さが露呈しました」(芸能ライター)


「純烈」も紅白に4度目の出場が決まっており、ネット上には


《結局、不倫とかセクハラしても紅白歌合戦には出れるらしい》

《純烈ってリーダーがセクハラして問題になってたのに紅白出るのおかしいよなぁ。優里が出ないのは納得だわ。イメージ悪いし》

《公開セクハラおっさんのグループが紅白出場とかやっぱ終わってんな》

《純烈リーダーがヒーローショーであんなセクハラやっといて紅白出られるんか この世は地獄かよ》

《紅白は、もう事務所の力と忖度なんだな。BUMPと純烈が出るのがいい例》


といった声が。ベースメンバーの不倫が発覚した『BUMP OF CHICKEN』や、3股騒動が話題になった優里にも飛び火しているようだ。


「BiSH」の会見時のパフォーマンスには、ファンから


《伝説を残して出禁になって欲しい!》

《こんなの下ネタのうちにはいらん! やっぱBiSH最高!》


といった称賛の声があがっていた。


ファンはなんでも受け入れてくれるため、商売するうえでは大切かもしれない。ただそれは自らの村社会だけの話。『紅白』の威厳がなくなって久しいが、落ちるところまで落ちたものだ。


関連記事(外部サイト)