福原遥の“好感度”が急降下!? 朝ドラヒロインを演じるリスク

福原遥がNHK朝ドラ『舞い上がれ!』ヒロインに 好感度下がるリスクを心配する声も

記事まとめ

  • 福原遥が2022年後期のNHK連続テレビ小説『舞い上がれ!』ヒロインの座をつかみ取った
  • しかし朝ドラヒロインは「クズ率」が高いため演じたことによって悪いイメージも
  • 『半分、青い。』永野芽郁や『おちょやん』杉咲花、『おかえりモネ』清原果耶が先例

福原遥の“好感度”が急降下!? 朝ドラヒロインを演じるリスク

福原遥の“好感度”が急降下!? 朝ドラヒロインを演じるリスク

画/彩賀ゆう

2022年後期のNHK連続テレビ小説『舞い上がれ!』で、ヒロインの座をオーディションでつかみ取った俳優の福原遥。大きな飛躍が期待される一方で、とある心配もあがっている。



今回、2545人の応募から勝ち上がった福原。実はこのヒロインの座を射止めるまでに、過去3回、朝ドラのオーディションで落ちていたそうだ。最終審査に残ったこと自体、今回がはじめてだという。


「福原といえば、NHK Eテレで放送された料理番組『クッキンアイドル アイ! マイ! まいん!』のまいんちゃん役で、大きなお友達≠ゥら絶大な支持を獲得。NHKへの貢献度から、朝ドラオーディションは出来レースというウワサもあがっていました。しかし、実際は3回も落ちているので、そんな忖度は全くなかったようです。完全に自分の実力で、チャンスをつかみ取ったのでしょう」(芸能記者)


最近の朝ドラヒロインはクズ率高い?

朝ドラヒロインといえば、国民的女優≠ノなるための第一歩。これによって福原はさらなる活躍が約束されたようなものだが、実はある心配もあるそうだ。


「実は最近、朝ドラヒロインを演じたことによって悪いイメージ≠ェついてしまうパターンが結構出ているのです。例えば、2018年上半期の朝ドラ『半分、青い。』はとにかくヒロインの好感度が低く、これによって演じていた永野芽郁自身が嫌われてしまうことに…。他にも、広瀬すずの『なつぞら』、杉咲花の『おちょやん』、清原果耶の『おかえりモネ』なんかも、好感度が最悪でしたね」(同・記者)


実際、ネット上でも


《杉咲花を嫌いになりたくなかったから「おちょやん」は早々に離脱した》

《半分青いは完走した、でも弊害で永野芽郁ちゃんがちょっと無理になった》

《「半分、青い」見てから永野芽郁のこと嫌いになったんだけど同士いる?》

《清原果耶はべつに好きでも嫌いでもなかったけど、おかえりモネのせいでスーパー苦手になってしまった》

《モネ嫌いすぎてやばい(笑)清原果耶まで嫌いになりそう(笑)》

《広瀬すずはなつぞらで嫌いになったんだよね。それまでは好きな方だったのに》

《なつぞらで広瀬すずを嫌いになった人はいても、好きになった人はいないのではないか》


といった声があがっている。


福原が演じるヒロインは、好感度抜群のキャラであってほしいものだ。


関連記事(外部サイト)