『M-1』敗者復活戦が人気投票に? お笑いファンが心配「まじで許さない」

『M-1』敗者復活戦にハライチ、アルコ&ピースら 「実質ただの人気投票」の声も

記事まとめ

  • 『M-1グランプリ 2021』で敗者復活戦の大荒れを危惧する声が相次いでいる
  • 敗者復活戦の顔ぶれは、ハライチ、見取り図、ニューヨーク、アインシュタインら
  • 例年通りだと視聴者投票によって決まるため「実質ただの人気投票」との声も

『M-1』敗者復活戦が人気投票に? お笑いファンが心配「まじで許さない」

『M-1』敗者復活戦が人気投票に? お笑いファンが心配「まじで許さない」

『M-1』敗者復活戦が人気投票に? お笑いファンが心配「まじで許さない」の画像

12月2日、『M-1グランプリ 2021』の決勝進出者が発表された。この結果を受けて、ネット上では「敗者復活戦」の大荒れを危惧する声が相次いでいる。



今回決勝戦に進出したのは『錦鯉』『オズワルド』『インディアンス』『ゆにばーす』『ランジャタイ』『モグライダー』『ロングコートダディ』『もも』『真空ジェシカ』の9組。このうち5組が決勝初進出とあって、非常にフレッシュな顔ぶれとなった。なお、準決勝で敗退した芸人たちは、例年通り決勝前に行われる敗者復活戦に回ることに。


「その敗者復活戦の顔ぶれが問題だと、お笑いファンたちの間で話題になっています。というのも、ここに登場するのは、『ハライチ』『アルコ&ピース』など熱心な信者を多数抱えるラジオ芸人のほか、『見取り図』『ニューヨーク』『アインシュタイン』など、メディア露出の多いコンビがウヨウヨいるのですから」(芸能記者)


知名度で『見取り図』『ニューヨーク』が本命か…

敗者復活戦の結果は、例年通りだと視聴者投票によって決まる。つまり、肝心のネタがあまりウケなくても、知名度が高くて人気さえあれば、それだけで通ってしまう可能性があるのだ。敗者復活の顔ぶれにネット上では


《ニューヨーク、見取り図、アルピー、ハライチとメディア人気組がこぞって落ちたみたいで。敗者復活という名の人気投票があるから誰かしら戻ってくるんだろうけど》

《人気投票になってしまわないことを祈る》

《実質ただの人気投票になるから、 ニューヨーク、見取り図、アインシュタインでしょうね》

《ハライチの人気投票になったらまじで許さない》

《敗者復活が見取り図とニューヨークの人気投票になりそうだな》

《今年の敗者復活戦の人気投票枠、見取り図になるのかなあ…》

《見取り図がたいして面白くなくても人気投票で敗者復活する気がする、和牛みたいに》


といった心配の声があがっている。


公平な審査が行われてほしいものだが…。


関連記事(外部サイト)