『日本沈没』乃木坂46メンバーに見せ場が!「大活躍」「めっちゃ喋るやん」

『日本沈没』乃木坂46メンバーに見せ場が!「大活躍」「めっちゃ喋るやん」

『日本沈没』乃木坂46メンバーに見せ場が!「大活躍」「めっちゃ喋るやん」の画像

12月5日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没−希望のひと−』(TBS系)第8話が放送された。久々登場のキャラクターに、アイドルファンが歓喜していた。



同作の原作は、1973年に刊行された小松左京による名作『日本沈没』。今回のドラマは大きくアレンジを加え、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)、東山総理(仲村トオル)、地震学者の田所雄介(香川照之)、週刊誌記者の椎名実梨(杏)などが国家の危機に立ち向かっていく。


第8話では、迫りくる日本沈没に備えて、政府がアメリカや中国に移民受け入れの交渉をしていく。中国は日本の大企業を譲り受けるという条件で1000万人の移民受け入れを承諾したが、中国から名指しされた企業「常盤医療」は中国への移民を拒否。独自でカナダへの移転を進めようとして、揉めてしまうのだった。


「常盤医療」が中国への移転を拒否しているのは、移転後の環境を重視しているため。困った天海と常盤は、なじみの居酒屋に行って、話し合いをすることになった。


ここで居酒屋店員の山田愛(『乃木坂46』与田祐希)が、「ほんとに外国に行けるのかも不安だし、行けたとしても言葉も習慣も違う国で差別とかもあるんじゃないかって。この街ごとみんなでどっかの国に移動できたらいいのに」とボソッと漏らす。この言葉をヒントに、天海は中国でジャパンタウン≠作る計画を立てるのだった。


乃木坂46・与田祐希の見せ場はこれが最後?

山田が本編で登場したのは、実はかなり久々。にもかかわらず、重要なうえに長いセリフが用意されたことにファンは歓喜。ネット上では


《与田ちゃんめっちゃ喋るやん》

《与田ちゃん長めのシーンあるな今回》

《与田ちゃん今日は大活躍だな!》

《日本沈没、久々に与田めっちゃセリフあって良い》

《与田ちゃん今までで一番セリフある!》

《与田ちゃん 久々にまともに登場した!!》


など歓喜の声があがっている。


「ドラマ公式サイトでは、キャスト表の6番目に名前が記されている与田。それだけに活躍が期待されていましたが、最初の数話で少し登場した程度で、その後は一切登場しない回もあったほどモブの扱いを受けています。一応、ネット配信限定で与田を主人公にしたサイドストーリーが制作されていますが、こんなのを見ているのはファンだけ。地上波に出なければ一切知名度があがらないので、ファンにとって念願の回となったことでしょう」(芸能記者)


これでもう日曜劇場女優≠名乗ってもよさそうだ。


関連記事(外部サイト)