爆死の『ポップUP』に救世主出現! メインMC変更が成功のカギ?

『バイキングMORE』の後番組『ポップUP!』が不評 高嶋政宏の代役・東野幸治に絶賛

記事まとめ

  • 『バイキングMORE』の後番組『ポップUP!』の内容に視聴者からブーイングが起きている
  • 7日の放送は、小倉優子、ゆうちゃみ、井上咲楽、アルコ&ピース・平子祐希らが出演した
  • 木曜レギュラーの高嶋政宏の代わりに緊急出演した東野幸治に、絶賛の声が上がった

爆死の『ポップUP』に救世主出現! メインMC変更が成功のカギ?

爆死の『ポップUP』に救世主出現! メインMC変更が成功のカギ?

爆死の『ポップUP』に救世主出現! メインMC変更が成功のカギ?の画像

情報番組『バイキングMORE』の後続番組となる『ポップUP!』(どちらもフジテレビ系)が、4月4日から放送開始。コンテンツの薄っぺらさやレギュラーメンバー構成に、早くも視聴者から大ブーイングが巻き起こっていたが、ここにきて救世主≠ェ現れたようだ。


【関連】松本人志のモノマネ芸人が号泣! 先輩のパワハラドッキリに「かわいそう」 ほか

7日の出演メンバーは、小倉優子、ゆうちゃみ、井上咲楽、『アルコ&ピース』平子祐希ら。現在上映中の舞台『滝沢歌舞伎ZERO 2022』の初日前会見の様子や、全国の厳選レトルトカレーの紹介、今年デビュー25周年を迎えた『気志團』の綾小路翔の生トークなどが展開された。


しかし、世帯平均視聴率は、4日が3.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)、5日が2.1%と右肩下がり状態に。裏番組であるテレビ東京の『昼めし旅 〜あなたのご飯見せてください!〜』の2.2%よりも低い数値となった。


代わり映えしない、情報番組の良いところ取りのような希薄な内容に、視聴者からは


《無駄に長い3時間、そしてCMの嵐。地獄》

《このダラダラ感。フジテレビは全盛期のバブル感がまだ抜けていないんだな》

《EXITまでは耐えて見ていたが、TikTokが出てきた時点でもう限界。チャンネル変えた》

《笑いも無い発見も無い新鮮味も無い。芸人枠増やそうよ》


など、お決まりのブーイングが起きている。


東野幸治をレギュラーに推す声

だが、今回木曜パーソナリティー・高嶋政宏の代わりに緊急出演したタレント・東野幸治の立ち回りに対しては


《東野がいたから、まだ見てられた。10分ぐらいだけど。フジのこの枠って壊滅的にキャスティング力がないと思う》

《月曜日のロンブー淳と金曜日の東野の場の回し方のレベルの差。東野がMCで良いよ》

《木曜はテンポが良くて盛り上がりもあって、見てられると思ったら、東野さんはレギュラーじゃなかったのか…》

《東野さんもっと前に出して話させたらいーのに!》

《東野さんが平日のお昼に! 安定感あって面白い。レギュラーじゃないのが残念だわ》


と、絶賛の声が上がっている。


「高嶋は、舞台稽古を理由に番組を欠席。ネット上では《ポップUPはそれほど力を入れてない番組ってことだね》とまで言われていました。一方、ユーモアのある挨拶と、抜群のトーク回しでスタジオを盛り上げた東野はさすがといったところでしょうね。しばらくは模索状態が続くでしょうが、朝のバラエティー番組『ラヴィット!』(TBS系)が1年という時間をかけて評価されたことを考えると、まだ伸びしろがあるといえるでしょう」(テレビ誌ライター)


『バイキングMORE』が良くも悪くも存在感のある番組だったため、『ポップUP!』が視聴者にとってパッとしない内容であることはある意味仕方のないこと。東野のように立ち回れる人の出現を期待しよう。


ブレーク中の若手芸人がいきなり解散! 温度差ありすぎのコメントに違和感…
49歳・高岡早紀の“美貌”に脱帽「マジで恐るべし」「さすが魔性の女」
『TVer』の改悪に怒り爆発!「全てがダメダメ」「1番やっちゃダメなやつ」

関連記事(外部サイト)