『Fate』のオワコン化が加速!? 新シリーズ始動もファンからガッカリ声…

『Fate』のオワコン化が加速!? 新シリーズ始動もファンからガッカリ声…

『Fate』のオワコン化が加速!? 新シリーズ始動もファンからガッカリ声…の画像




4月12日発売の『TYPE-MOONエースVOL.14』より、『Fate』の新シリーズが始動。しかし、シナリオライターの桜井光氏が関わっていることを知り、真顔になるファンが続出している。「Fate」シリーズのオワコン化に拍車がかからなければいいのだが…。


【関連】伝説の“炎上カードゲーム”で前代未聞のミス発覚! カードゲーム史に残る珍騒動ほか
いわくつきのシナリオライター

「コンプティーク&コンプエース」の公式ツイッターは、新シリーズについて《新たな舞台、新たな英霊たちが紡ぐ未知の物語をノベル序章として掲載》と告知。ノベルを担当するのは、桜井氏とイラストレーターの三輪士郎氏によるコンビだ。



4月12日発売「TYPE-MOONエースVOL.14」
桜井光×三輪士郎が奏でる、衝撃の「Fate」新シリーズが開幕! 新たな舞台、新たな英霊たちが紡ぐ未知の物語をノベル序章として掲載。 #TMA14 pic.twitter.com/7u7gtMdnwF


— コンプティーク&コンプエース (@comptiq) April 5, 2022



桜井氏と三輪氏は両者とも、『Fate/Grand Order』ではお馴染みのクリエイター。ただ桜井氏に関しては、過去に剽窃疑惑が浮上したことがある他、悪名高い第1部2章・ 4章の担当ライターだったことから、一部のユーザーに警戒されているようだ。一部のアンチが『FGO』のシナリオ面での悪いところを、全て桜井氏の責任として押し付けている節もあるが…。


そういった経緯もあり、新シリーズが発表された時点で、《Fate新シリーズと聞いて心躍ったけど桜井光かぁ》《Fate新シリーズでテンション上がってから桜井光っていう名前を見てあっ…ってなるやつ》《桜井光という文字を見てスン…って真顔になった》といった辛辣な声が。まだ始まってもいない内から、不安を吐露する人が続出していた。


「Fate」関連作品が多すぎる?

また、「Fate」関連のメディアミックス作品が“多すぎる”ことに悲鳴を上げるファンも。たとえばスピンオフ小説だけでも、星空めてお氏の『Fate/Requiem』や、成田良悟氏の『Fate/strange Fake』といった作品が世に出ている。


それに加えて『Fate/stay night』シリーズの一連のTVアニメや映画、『Fate/Zero』のアニメや原作小説が存在。もちろん真のファンなら、スマホアプリ「Fate/Grand Order」のストーリー更新にも追いつかなければならない。


既存ファンは大体の作品を履修済みかもしれないが、新規で「Fate」シリーズに飛び込んだ人は膨大なコンテンツを追う必要がある。そのため「Fate」新シリーズには、《stay nightとゼロで歴史が止まっている自分にとってはまたハードルが上がってしまった》《ここまでくればあと2、3シリーズ追加並走になってももう驚かない(追えてない)》《requiemもFakeもGrandOrderも終わってないのにまた増えるんか》《なんか最近fateの波について行けないんだか何が起きてるんだ》といった声も上がっている。


どんどん新規参入のハードルが高くなっている「Fate」シリーズ。新規ファンだけでなく、“追えなくなった”既存のファンを遠ざける結果にならないだろうか。


文=大上賢一


【画像】


FabrikaSimf / PIXTA