綾瀬はるか『元彼の遺言状』に絶賛「鷲掴み」「ミステリという勿れは酷かった」

綾瀬はるか主演『元彼の遺言状』に称賛 『ミステリと言う勿れ』と比較する声も

記事まとめ

  • 綾瀬はるか主演の月9ドラマ『元彼の遺言状』が11日よりスタートした
  • 新川帆立氏による同名小説が原作で、『ミステリと言う勿れ』とは大違いだと称賛
  • 前クールの『ミステリ』は、ツッコミどころ満載のミステリー要素に落胆された

綾瀬はるか『元彼の遺言状』に絶賛「鷲掴み」「ミステリという勿れは酷かった」

綾瀬はるか『元彼の遺言状』に絶賛「鷲掴み」「ミステリという勿れは酷かった」

綾瀬はるか『元彼の遺言状』に絶賛「鷲掴み」「ミステリという勿れは酷かった」の画像

4月11日より、俳優・綾瀬はるか主演の月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)の放送がスタートした。綿密に練られたミステリーで、前クールの『ミステリと言う勿れ』とは大違いだと称賛されている。


主人公の剣持麗子(綾瀬)は、クライアントの利益のためには手段を選ばない敏腕弁護士。


【関連】田中みな実『吉祥寺ルーザーズ』にツッコミ殺到!「ブルゾンちえみ感」 ほか

ある日、元彼・森川栄治(生田斗真)の死亡がメールで知らされる。メールの差出人は篠田敬太郎(大泉洋)という謎の人物。栄治には巨額の遺産があり、「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言状を残していたそうだ。元彼が死んだ事実より、巨額の遺産に心が揺れ動いた麗子は、篠田を殺人犯≠ノ仕立て上げ、共謀して遺産を山分けする計画を立てる…。


原作は宝島社主催の2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した新川帆立氏による同名小説。著者自身が受賞当時は現役弁護士であり、法律を熟知しているからこその緻密に練られたシナリオと、キャラの強い主人公像、そして、斬新な事件アプローチ手法が選考委員たちをうならせ、満場一致で大賞に選ばれたという。


『ミステリと言う勿れ』は酷かった…

ドラマも原作同様に大好評で、ネット上では


《第一話から捻りの効いたミステリーに鷲掴みされる》

《元彼の遺言状おもしろーい! 本格ミステリーって感じ》

《ちゃんと本格ミステリーの映像化で、月9なの忘れてた》

《このスタッフで「ミステリという勿れ」撮ってほしかったと思うくらいあれは酷かったな》

《このドラマ、「ミステリと言う勿れ」と比べものにならないくらい、劇伴と演出が良いな》


といった声が上がっている。


「『ミステリ』は不必要な改変で原作ファンからそっぽを向かれ、ツッコミどころ満載のミステリー要素にドラマファンから落胆されました。初回から視聴率がどんどん下がっていったのが、期待をいかに裏切っていたのかを裏付けていますね。一方で今回の『元彼の遺言状』は、さすがと言うべき上々な滑り出しのようです」(芸能記者)


そもそも、『ミステリと言う勿れ』はミステリー作品ではない。本物≠ニ比べるのは酷なことだろう。


北村匠海『DISH//』新アルバムが爆死! 発売2週目の藤井風に惨敗…
『乃木坂46』現役メンバーの過激演技にファン絶叫!「ガチ凹みしてる」
165cm・武田真治『Snow Man』へ恨み全開「正直」「賛同します」

関連記事(外部サイト)