柴咲コウ『インビジブル』海外ドラマを丸パクリ!? 完全一致で批判殺到

高橋一生主演のドラマ『インビジブル』の放送が開始 海外ドラマの丸パクリだと指摘も

記事まとめ

  • 15日、俳優・高橋一生主演のドラマ『インビジブル』(TBS系)の放送がスタートした
  • 左遷された刑事・志村貴文(高橋)が、キリコ(柴咲コウ)と異色のバディを組むことに
  • 『インビジブル』の"元ネタ"と指摘されているのは米ドラマ『THE BLACKLIST』だとも

柴咲コウ『インビジブル』海外ドラマを丸パクリ!? 完全一致で批判殺到

柴咲コウ『インビジブル』海外ドラマを丸パクリ!? 完全一致で批判殺到

柴咲コウ『インビジブル』海外ドラマを丸パクリ!? 完全一致で批判殺到の画像

4月15日、俳優・高橋一生主演のドラマ『インビジブル』(TBS系)の放送がスタートした。しかし内容が、海外ドラマの丸パクリだと指摘されている。


裏社会を牛耳り、あらゆる凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーターインビジブル≠名乗る女性・キリコ(柴咲コウ)が突如、自身が関わってきた未解決事件や凶悪犯罪者の情報を提供し、犯人逮捕に協力すると警察に申し出る。


【関連】今田美桜ドラマ『悪女』“古臭すぎて”ため息「昭和かよ」「見る気失せた」 ほか

捜査一課から左遷された刑事・志村貴文(高橋)が、キリコのご指名で異色のバディを組むことになってしまう…。


「ネット上で『インビジブル』の元ネタ≠セと指摘されているのは、2013年から放送がスタートし、今も新シリーズが制作され続けているアメリカドラマ『THE BLACKLIST / ブラックリスト』。日本では動画配信サービス『Netflix』で視聴できますが、過去には普通に地上波でも放送されていました。あらすじは、ずば抜けた知能の逃亡犯が突然FBIに自首。他の凶悪犯逮捕に協力すると言うが交渉に指名したのは新人女性分析官だった≠ニいうもので、あらすじの時点で『インビジブル』そっくり。女性と男性が逆になっただけですね」(芸能記者)


「男女逆にしたブラックリスト」

清々しいまでの丸パクリに、ネット上では


《男女逆にしたブラックリストやんww 君と世界が終わる日にはウォーキングデッドやし。なんなんパクリ流行ってるん》

《ブラックリストの骨組みそのまま一緒で細かい設定変えてるだけじゃないか》

《完全オリジナルドラマだそうですが、ブラックリストのパクリ、いや失礼オマージュ? リスペクト?》

《ブラックリストのパクリと思ったらみんな同じ感想でワロタw》


といった声が殺到している。


『インビジブル』は公式サイトで前代未聞の犯罪エンターテインメント∞オリジナル脚本≠ニ大々的に銘打ち、柴咲も「原作のない作品で、オリジナルのキャラクターなので、スタッフの方と意見を交わしながら、どういうキャラクターなのか、1から構築していくのが大変でもあり楽しいです」とコメントしている。


制作陣は全員『ブラックリスト』を観たことがなかったのだろうか。


演技下手だらけ…ドラマ『インビジブル』高橋一生に同情「棒読みすごい」
西野七瀬『恋マジ』演技に酷評殺到! アカデミー賞女優を批判する素人たち
小林麻耶の“松居一代化”が加速! 激怒ブログに戦慄…

関連記事(外部サイト)