名阪国道『オメガカーブ』にドライバー恐怖!「カーブでスリップしたら下敷きに…」

奈良県内の名阪国道に『Ω(オメガ)カーブ』と呼ばれる区間が存在 魔のカーブの声も

記事まとめ

  • 奈良県内の名阪国道に『Ω(オメガ)カーブ』と呼ばれる区間があり、事故が多発中とも
  • 「Ωカーブ」は、名阪国道の福住ICから天理東ICの山中を走る約10キロの区間
  • 高速道路など10kmあたりの死亡事故率が全国最悪1位の名阪国道の中で6割の事故が集中

名阪国道『オメガカーブ』にドライバー恐怖!「カーブでスリップしたら下敷きに…」

名阪国道『オメガカーブ』にドライバー恐怖!「カーブでスリップしたら下敷きに…」

名阪国道『オメガカーブ』にドライバー恐怖!「カーブでスリップしたら下敷きに…」の画像

奈良県内の名阪国道に『Ω(オメガ)カーブ』と呼ばれる区間がある。上空から見た形がギリシャ文字『Ω』の形をしており、実際に走ると急な坂やカーブが連続し事故が多発していることから、地元では魔のカーブ≠ニいわれている。


【関連】『ドライブ・マイ・カー』登場の“伝説の車”SAAB900に注目集まる ほか

「Ωカーブ」は、名阪国道の福住ICから天理東ICの山中を走る約10キロの区間で、急カーブや急勾配が連続。特に大道カーブの最大下り勾配は6%、最小曲線半径150mは道路構造令で定められている限界値となっている。この区間の制限器速度は60km/hに制限されているが、名阪国道全体が自動車専用道路の高規格で建設されているせいもあり、多くの車が80km/h以上で侵入しているという。


そのため、高速道路・自動車専用道路10kmあたりの死亡事故率が全国ワースト1位である名阪国道の中でも、この区間はその6割の事故が集中している。


「Ωカーブは直線で進めば5kmほどの区間ですが、Ωの形にそってほぼ倍の距離を回り込み、400mもの高低差を克服しています。現地には『急カーブ注意』の看板が何枚も立っているのですが、多くの車が高速で走行しているのが現状。1台がスリップすると複数台が巻き込まれるので、しばしば多重事故が発生していますね。また、山中であることから天候が変わりやすく、ゲリラ豪雨の際には雨水が滝のように流れ、川のような状態になってしまいます。走り慣れていないドライバーにしてみれば恐怖でしかないでしょう」(自動車ライター)


オメガカーブの形状にツッコミ

魔のΩカーブの形状を見たネット民からは、


《なんだこの遠回りの道は。神でも祀られてるのか?》

《これ高低差を稼ぐためにこんな形になってるの? 構造上完全にヤバイやつじゃん》

《まるで古墳のような形だな。トンネルとか作れなかったのか?》

《地元民だけど、この形を見るとみんな驚くね。ここの下りを攻めてるダンプいるけどマジで尊敬するわw》

《ここは大型トラックの交通量が多くてめちゃくちゃ怖い。カーブでスリップしたら下敷きになっちゃうじゃん》


と、驚きの声が上がっている。


5月の大型連休には名阪国道を利用して移動する人も多いだろう。くれぐれもスピードの出し過ぎには注意して運転してもらいたい。


『THE W』準優勝コンビは解散…消えた芸人たちのイマ
“干されタレント”小森純の現在は? ペニオク詐欺事件から完全復活か…
ジャニーズ事務所を真正面からディス? 芸能界の闇に切り込んだ芸能人たち

関連記事(外部サイト)