『イッテQ!』でもセクハラ横行!? 視聴者ドン引きの“性加害”エピソード

『世界の果てまでイッテQ!』でセクハラ横行? 宮川大輔が男性スタッフの言動暴露

記事まとめ

  • 宮川大輔が男性スタッフによる女性スタッフへのセクハラ被害を暴露し話題に
  • 番組では男性を「デリカシーがない」「女性隊員からの評判がよろしくない」と説明
  • 宮川は「(カメラが)回ってない時の下ネタがすごい嫌い」と述べた

『イッテQ!』でもセクハラ横行!? 視聴者ドン引きの“性加害”エピソード

『イッテQ!』でもセクハラ横行!? 視聴者ドン引きの“性加害”エピソード

『イッテQ!』でもセクハラ横行!? 視聴者ドン引きの“性加害”エピソードの画像

連日メディアを騒がせている映画界の性加害&道。その内容に絶句する人は多いが、何気なく見ているテレビでも、視聴者がセクハラを糾弾する場面は少なくない。


2月20日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の『宮川探検隊』で、宮川大輔が、男性スタッフによる女性スタッフへのセクハラ被害を暴露して話題になった。


【関連】『鉄腕DASH』ロープウェイ復活企画にドン引き「さすがに危ない」「怖い」 ほか

宮川らは北海道・釧路で野生動物を捜索。男性2人、女性1人のスタッフに、ガイド役として男性が1人加わった。


かつてロケで通訳とガイドを務めていた人物で、今回は動物ガイドとしてロケ参加を志願したという。しかし、番組は男性ガイドを「デリカシーがない男」とし、「特に女性隊員からの評判がよろしくない」と説明した。


宮川は「(カメラが)回ってない時の下ネタがすごい嫌い」と女性スタッフの心境を代弁した。男性ガイドは「覚えてない。覚えてないです!」と苦笑い。この後、タンチョウ2羽の求愛ダンスを眺めている時に、別のスタッフが男性ガイドについて「(ロケバスの女性ドライバーを)口説いてます」と、LINE交換を迫っていたと宮川に暴露する一幕もあった。


これに対し、視聴者からは批判的な声が続出。女性に下ネタで嫌がらせる行為は良くないとしつつも、それを笑いで収める番組の展開に疑問を呈していた。


みのもんたの黒歴史が露呈…

マツコ・デラックスは、2月1日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)で、竹内涼真に対してセクハラとも取れる発言を繰り返した。


竹内は「カレーでストレスを発散する俳優」との触れ込みで登場。カレー愛を語っていたところ、マツコは唐突に「ずっとエロい目で見てます」と発言。竹内は笑って下を向いた。


鶏のだしをふんだんに入れたカレーを紹介した後、マツコは「そろそろよ、涼真も。若いだけが全てじゃないから」とアドバイス。「そうですね」と頷いた竹内に、マツコは「すっごいだし出てるから」とコメントしたが、竹内は「…じゃあ、続いていっていいですか」と華麗にスルーを決めた。


バターチキンカレーをナンに付けて食べたマツコは、トマトの酸味が強くピリ辛で「飽きないし、さっぱりしてる」と感想を述べる。竹内は「わーすごい! 分かる分かる。嬉しいです。ありがとうございます」と共感。するとマツコは「えー、じゃあ何? 一緒に暮らす?」と勧誘した。


竹内は「試してみます?」と反応。「試してみる? 何でも食わず嫌いはダメだって!」と喜んだマツコだったが、竹内は「で、ですね…」とまたもやスルーを決め込むのだった。


竹内はマツコのアプローチを見事にスルーしたが、一部の視聴者は《マツコさんの発言は相手が嫌がってないからセクハラにならないのかな 異性から同じ様な事を言われたら嫌な気持ちになってしまう》と、首を傾げていた。


また、1月27日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、視聴者が騒然とする衝撃のタレコミがブチ込まれた。


この日のテーマは「フリー女性アナウンサー大集合SP」。元民放の人気女子アナたちが集結し、「正直やりづらい大物芸能人」というテーマでトークを展開した。


一同が言いにくそうにする中、元TBSの吉田明世は『朝ズバッ!』(TBS系)で約2年共演した元大物司会者・みのもんたの名前を口に。いわく、番組では生放送前、各ニュースの担当アナウンサーが、みの本人に直接プレゼンするという決まりがあったそうだ。


これに備えて入念に準備をしていたという吉田は、「生放送より緊張した」と当時を振り返る。みのからはニュース内容について質問される、面接さながらのやり取りもあったそうだが、吉田はこれに答えられず、たびたび撃沈していたという。


吉田は「胃が毎日痛くて…」とプレッシャーを明かす一方、「鍛えさせていただいたので感謝している」とみのをフォロー。しかし、酒豪で知られるみのは遅くまで飲んでスタジオ入りすることも多く、「みのさんって、朝3分前とかにスタジオに入ったりするんですよ」「捕らわれた宇宙人みたいな感じで、スタッフに両方の肩をかつがれていた」とその泥酔ぶりもイジっている。


何気ない笑い話・思い出話に聞こえるこのトークだが、吉田とみのにはある疑惑≠ェあるため、視聴者の間に衝撃が走ったのだった。


「それは2013年のことでした。『朝ズバッ!』のCMが明けると、そこには衝撃の光景が。なんと、画面には吉田の腰辺りに手を伸ばすみのと、その手を振り払う吉田が映っていたのです。直後、みのがこの動きを誤魔化すかの如く、手をハエのようにスリスリするといった不自然な動きをしたことで、『カメラが回っていないところでセクハラをしていた』との疑惑が浮上。当時、ネット上で大炎上し、『みのもんたがケツもんだ』なるスラングまで流行しました」(テレビ誌記者)


吉田本人はこの騒動について、2019年の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)で、「みのさんの横に女性・男性アナがズラーッと並んで」「みのさんが私の肩を押して、アナウンサー陣がガタガタとドミノ倒しになるのがブームだったんですよ。私は原稿を読まなくちゃいけなくて集中したいので、『それやめてください』って毎日伝えてて」「それでもみのさんがボンッと押して来たので、『やめてください』って手を払ったら、もう放送されてたんです。お尻を触ったかのように手を振り払うところが、たまたま映ってしまって、お尻は触られていないんです」と釈明している。


ほぼ隠居状態にあるみの。これからさらなるぶっちゃけトークを繰り出す芸能人が増えるかもしれない。


『THE W』準優勝コンビは解散…消えた芸人たちのイマ
“干されタレント”小森純の現在は? ペニオク詐欺事件から完全復活か…
ジャニーズ事務所を真正面からディス? 芸能界の闇に切り込んだ芸能人たち

関連記事(外部サイト)