『金ロー』不満続出の放送3選!ディズニー映画に“理不尽な”怒りも…

『金曜ロードショー』声優の配役やニュース速報のテロップにブーイングも

記事まとめ

  • 『金曜ロードショー』は吹き替え声優の配役やエンディングカットなどでブーイングも
  • 『チャーリーとチョコレート工場』ではウォンカの声を務めた声優の宮野真守に酷評
  • 『新解釈・三國志』は"福田組"が数多く起用され、「見てはいけない」と批判が溢れた

『金ロー』不満続出の放送3選!ディズニー映画に“理不尽な”怒りも…

『金ロー』不満続出の放送3選!ディズニー映画に“理不尽な”怒りも…

『金ロー』不満続出の放送3選!ディズニー映画に“理不尽な”怒りも…の画像

吹き替え声優の配役やエンディングカットなどで、視聴者から毎度ブーイングが巻き起こる『金曜ロードショー』(日本テレビ系)。今回は、特に酷評が相次いだ3作を振り返っていこう。


まずは2月18日に放送された、映画『チャーリーとチョコレート工場』。


【関連】映画『名探偵コナン』白石麻衣に大ブーイング「二度とコナンに関わらないで」 ほか

同作は、言わずと知れたティム・バートン監督の大人気ファンタジー。ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が経営するお菓子工場を舞台に、5人の幸運な子どもたち≠ノ待ち受ける不思議な体験を圧倒的なグラフィックと世界観で描いたストーリーだ。


そんな同作においてウォンカの声を務めたのが、人気声優の宮野真守。劇場版のウォンカを担当していた声優の故・藤原啓治さんとは違い、少し若々しい印象のウォンカを演じていた。


若手声優の中でも無類の人気を誇る宮野。ところが彼の声に違和感を覚える人も多く、《やっぱりジョニーデップの吹き替えは、宮野真守より藤原啓治派です》などの酷評が溢れ返っていた。


「『チャーリーとチョコレート工場』では藤原さんでしたが、ジョニーの声は基本的に声優の平田広明が務めています。平田は本人からも公認される専属の吹き替え声優で、今回の放送では《ジョニーデップの吹替えは、やっぱり平田広明》《ジョニーデップは平田さんという固定観念》といった声も少なくありませんでした。残念ながら宮野の入り込む余地はなさそうですね…」(芸能ライター)


声優としての実力は高い宮野だが、イメージが定着してしまっているせいで受け入れられなかった模様。やはり視聴者の中にある思い出補正≠ノは勝てないようだ。


「三国志」ファンの評価変わらず…

2つ目は、1月21日に地上波初放送された映画『新解釈・三國志』。コメディー作品の巨匠・福田雄一監督が、歴史エンターテインメント「三国志」にギャグ要素を織り交ぜ、全く新しい解釈で描いた作品だ。


主人公の武将・劉備には大泉洋が抜擢され、他にも賀来賢人や橋本環奈、ムロツヨシや佐藤二朗といった俳優が名を連ねている。


「同作は累計動員数や興行収入は好調だったのですが、劇場に足を運んだ人からは、批判ばかりが寄せられていました。福田監督お気に入りの俳優陣、いわゆる福田組≠フメンバーを数多く起用したにもかかわらず、《苦笑程度の笑い》など厳しい声が目立った映画でしたね」(芸能ライター)


「金ロー」で放送された際も評価は変わらず、《酷評されてた印象があったけど、確かにこれはしんどい…。三国志ガチ勢が見てはいけないレベル》など、お決まりのようにネット上に批判が溢れ返っていた。


最後は3月4日に放送された、ディズニー&ピクサーの3Dアニメーション作品『リメンバー・ミー』。同作はミュージシャンを目指す少年・ミゲルが、「死者の国」を舞台に不思議な冒険を繰り広げるファンタジー作品だ。「死者の国」で出会ったガイコツのヘクターと共に、2人が互いの願いを叶えるべく奮闘する、家族の絆を描いた感動の物語となっている。


放送前から大きな注目を集めていた同作だが、地上波放送ならではのニュース速報≠ェ視聴者の感動をぶち壊すことに。物語の中盤で1番の盛り上がりを見せる中、「SMBC日興証券の本社を強制捜査 幹部社員ら相場操作の疑い」というテロップが画面上に入ってしまったのだ。


「証券会社『SMBC日興証券』の幹部4人が金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で逮捕され、併せて本社の捜索も行われたことが報じられました。4人は特定の銘柄の株価を不正に維持していたようで、相場操縦の疑いで逮捕されるのは異例だったそう。当然、この大ニュースはすぐさま話題となり、『金曜ロードショー』でも速報としてすぐに取り上げたのでしょう。『リメンバー・ミー』のファンにとっては、最悪のタイミングと言っても過言ではないのかもしれません」(芸能ライター)


「SMBC日興証券」の存続に関わる大事件。しかし視聴者はこの速報に、《リメンバーミー録画してたのに! いいとこでニュース速報入れてくんな、知らん人が逮捕されたとか興味ないって》などと、怒りの声を上げていた。


「昨年10月31日、衆院選の選挙特番でTVアニメ版『鬼滅の刃 無限列車編』(フジテレビ系)が休みになった際も、《誰が何になろうが変わらんて。どうでも良すぎる》などと憤慨するアニメファンが少なくありませんでした」(同ライター)


とは言え、大きなニュースなら、速報で流すのは当たり前のこと。ネットでお気持ち表明する前に、そのニュースが自身にどんな影響を及ぼすか思考を巡らせるのが賢い人間の行いだろう。


流れ弾のような批判も飛び交う「金ロー」の映画放送。地上波で映画を放送する枠が少ないだけに、どうにか放送を続けて欲しいものだが…。


『THE W』準優勝コンビは解散…消えた芸人たちのイマ
“干されタレント”小森純の現在は? ペニオク詐欺事件から完全復活か…
ジャニーズ事務所を真正面からディス? 芸能界の闇に切り込んだ芸能人たち

関連記事(外部サイト)