超大作アニメ『バブル』が酷評だらけ!「まじで見る価値ない」「内容はお察し」

超大作アニメ映画『バブル』に酷評の嵐 主人公役の志尊淳にも「棒読み」との指摘

記事まとめ

  • Netflix版が配信スタートした超大作アニメ映画『バブル』だが、酷評の嵐となっている
  • ヒロインは『天気の子』のヒロインのパクリ設定のようとの声も
  • 「主人公は志尊淳が演じていますが、めちゃくちゃ棒読み」と記者は指摘している

超大作アニメ『バブル』が酷評だらけ!「まじで見る価値ない」「内容はお察し」

超大作アニメ『バブル』が酷評だらけ!「まじで見る価値ない」「内容はお察し」

超大作アニメ『バブル』が酷評だらけ!「まじで見る価値ない」「内容はお察し」の画像

4月28日よりNetflix版が配信スタートした超大作アニメ映画『バブル』。しかし、めちゃくちゃつまらないクソ映画だと大酷評されている。


漫画『DEATH NOTE』や『ヒカルの碁』で知られる小畑健がキャラクターデザイン、アニメ『進撃の巨人』や『甲鉄城のカバネリ』を制作した荒木哲郎が監督、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』『PSYCHO-PASS』などの虚淵玄が脚本、映画『君の名は。』や『天気の子』、『竜とそばかすの姫』などをプロデュースした川村元気が企画・プロデュースという、まさにアニメ界のドリームチームが実現した作品が『バブル』。


【関連】舘ひろしにオタクがブチギレ!「プロ意識ないの?」と批判が殺到する事態に… ほか

世界に降り注いだ泡(バブル)により重力が壊れ、水没した東京を舞台に、パルクールのバトル=バトルクールに興じる若者たちの日々が描かれている。


「これだけ大それた作品ですが、視聴者の評価はすこぶる低いです。まず、物語の根幹となるパルクール設定が意味不明。『進撃の巨人』の立体機動装置のアクションもどきをやりたいだけの死に設定で、最後までなぜパルクールが流行っているのか分からないし、それで命の賭け≠ェ成立する意味もわからない。例えるなら『遊戯王』のカードバトルで命を賭けるような世界観ですが、カードバトルと違ってパルクール描写がつまらないし、何が勝ちで何が凄いのかよく分からないし、そもそも変に現実的に描写しているから、ゲームで命を賭けるファンタジー設定に違和感がありまくりです」(エンタメ誌記者)


あの『竜とそばかすの姫』よりもつまらない!

また、『天気の子』のヒロインのパクリ設定のようなヒロインや、無駄に暗いだけの主人公に感情移入できる点が皆無。最後まで赤の他人が稚拙な空想世界でファンタジーしているだけにしか感じられないストーリー…とも言われている。


「脚本も大いに問題ですが、ヒロインと主人公の声優が壊滅的なのも感情移入できない原因でしょう。主人公は俳優の志尊淳が演じていますが、めちゃくちゃ棒読み。俳優の声優挑戦が問題ではなく、単純に志尊の能力に問題がありそう。ヒロインはりりあ。≠ニいうTikTokで話題の顔出しNG歌手がやっていますが、こちらもスーパー棒演技。『竜とそばかすの姫』でシンガーソングライターの中村佳穂がヒロインを演じたから、その二番煎じで再び川村元気が仕込んだのかもしれませんが、りりあ。と中村はキャリアが全く違う。なぜりりあ。が大抜擢されたのか闇を感じるレベル。そもそも『竜とそばかすの姫』だってクソつまらなかったので、その二番煎じをやる意味も分からない。川村は『君の名は。』を当てたおかげで超有能プロデューサー扱いされていますが、実は『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』『未来のミライ』『竜とそばかすの姫』もプロデュースしているので、すでに3アウト状態でした。今回で4アウトですね」(同・記者)


ネット上でも『バブル』について


《クソつまらなすぎて1時間半返してほしい。まじで見る価値ない》

《作画と動きはよかったです。以上。うん》

《バブル見たけど作画はすごい好きだった 内容はお察し》

《作画やアクションは本当にすごい。なお内容は…》

《バブル観てるんだけど主人公めちゃくちゃ棒読みで草》


といったように、作画以外は酷評だらけ。


歴史に残るクソ映画になりそうなので、話のタネにするために観る価値はあるだろう。


『THE W』準優勝コンビは解散…消えた芸人たちのイマ
“干されタレント”小森純の現在は? ペニオク詐欺事件から完全復活か…
ジャニーズ事務所を真正面からディス? 芸能界の闇に切り込んだ芸能人たち

関連記事(外部サイト)