暴露!“危ない性癖”の某若手俳優とは…フワちゃんもドン引きの裏の顔

元AKB48大島麻衣が人気の若手俳優の"性癖"を暴露「ひき逃げした人?」とネットで反応も

記事まとめ

  • 元AKB48大島麻衣が「旅ングアウト」で人気の若手俳優の"性癖"を暴露した
  • 大島が暴露したプレイ内容が「伊藤健太郎とかなり一致する」と芸能記者
  • 『週刊文春』が伊藤について相手の体中を噛む、プレイ中に首を絞めるなどと掲載も

暴露!“危ない性癖”の某若手俳優とは…フワちゃんもドン引きの裏の顔

暴露!“危ない性癖”の某若手俳優とは…フワちゃんもドン引きの裏の顔

暴露!“危ない性癖”の某若手俳優とは…フワちゃんもドン引きの裏の顔の画像

『AKB48』1期生として初期のグループを引っ張るも、人気爆発前に卒業したことでバブル≠フ恩恵にあやかれなかった伝説の元メンバー・大島麻衣。彼女が暴露した某若手俳優≠フエピソードが、ネット上に波紋を広げている。


【関連】ガチで死にかけた人気芸人の体験談が壮絶! 本物のピストルで脅され… ほか

大島は4月28日深夜放送の『〜初出しエピソードが旅の資金に〜旅ングアウト』(TBS系)に出演し、旅ロケの資金をカミングアウト≠ナ稼ぐという企画に参加。企画中、「こいつマジか!と思った話」というテーマに当たると、大島は「いま大人気の若手俳優」の話を始めた。


大島は同俳優について、「映画でも、最近色んなのが公開しているような人気の俳優さんなんですけど、何やら噂ではちょっとアブノーマルなプレイ好きらしく…」とキワドいエピソードを告白。「凄く人気でモテるんですけど、業界人にはあまり手を出さないって噂を聞いていて…」と続けると、なぜ業界人に手を出さないかという理由も暴露する。


ここで明かされたのは、「傷が残ってしまうようなプレイが好き」なる理由。どうやらその俳優は、痕を残すと相手の撮影等に影響することを配慮しているらしい。さらに、大島は「そういうプレイにも対応できて、尚且つ口が堅い人を紹介してくれって言うので、『周りのセクシー女優さんを紹介して』っていうのがここまで回ってきました」と、自身にアテンド≠フ依頼があったことも暴露したのだった。


アノ俳優を襲った文春砲に瓜二つのプレイ内容

さすがに放送上は加工されていたが、共演者には俳優の実名も明かされることに。共演のフワちゃんらは驚いた様子だったが、この俳優とは一体…。


「2020年にひき逃げ容疑で逮捕された伊藤健太郎と、かなり一致しますね。彼は同年11月の『週刊文春』で、その本性を示すプライベートが暴露されたのですが、下積み時代に年上女性のヒモになった挙句、子供を堕ろさせた、その女性と交際中に元カノの小松菜奈や広瀬すずを口説いていたなど、手癖の悪さはかなり酷いもの。そして夜の営みに関しては、アザができるほど相手の体中を噛む、プレイ中に首を絞める、激しいスパンキングをするなど、バイオレンスな内容が克明に綴られていました。ただ、伊藤は山本舞香や小松など同業者にも手を出しまくっているので、業界人には手を出さない≠ニいう点とは矛盾します。プレイ内容や女性好きな本性からは彼以外いないのですが、ここだけが…」(芸能記者)


ネット上にも、大島の暴露に対し、同報道を覚えていた人々から


《ひき逃げした人?》

《似たような内容の文集砲浴びてたよね》

《あいつ女を下僕や奴隷として扱いそうだもんな》


といった反応が。


もし伊藤でないとしたらとんだ風評被害。音声を加工して現場だけ楽しむから、こんなことになってしまうのだ。


金ロー『ローマの休日』“鬼滅声優”起用に大ブーイング! 今週のテレビ事件簿ランキング
見所は吉岡里帆だけ!? 実写版『xxxHOLiC』蜷川実花ワールドが不評
長谷川京子“整形キャラ”に挑戦!『やんごとなき一族』に「オファーした勇気」

関連記事(外部サイト)