『CDTV』セカオワに“口パク”疑惑!「演奏もしてない」今週のテレビ事件簿ランキング

『CDTV』セカオワに“口パク”疑惑!「演奏もしてない」今週のテレビ事件簿ランキング

『CDTV』セカオワに“口パク”疑惑!「演奏もしてない」今週のテレビ事件簿ランキングの画像

今週もさまざまなバラエティ番組やCMが話題となったテレビ業界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも注目された、バラエティ番組やCMのランキングと記事をご紹介します(5/12配信まで、独自ポイントで集計)。


1位 CDTV : 『CDTV』セカオワに“口パク疑惑”浮上「演奏もしてない」「なめてんの?」 362pt.


『CDTV』セカオワに“口パク疑惑”浮上「演奏もしてない」「なめてんの?」



2位 魔女の宅急便 : 金ロー『魔女の宅急便』“裏設定”に反論殺到「無理あるだろ」「矛盾だ」 269pt.


金ロー『魔女の宅急便』“裏設定”に反論殺到「無理あるだろ」「矛盾だ」



3位 ゴチ : 『ゴチ』スタッフが矢部浩之イジメ?「感じ悪すぎ」「残念です」 263pt.


『ゴチ』スタッフが矢部浩之イジメ?「感じ悪すぎ」「残念です」



4位 ジブリ映画 : 金ロー『ポニョ』爆死! ジブリ映画でも視聴率が取れない時代に… 55pt.


金ロー『ポニョ』爆死! ジブリ映画でも視聴率が取れない時代に…



5位 ロンハー : 放送禁止用語!『ロンハー』あのちゃん“まさかの発言”に共演者タジタジ… 51pt.


放送禁止用語!『ロンハー』あのちゃん“まさかの発言”に共演者タジタジ…



『魔女の宅急便』“裏設定”に反論

今週もっとも衝撃的だったのは、『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)にまつわる話題です。


5月9日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』に、人気バンド『SEKAI NO OWARI』が登場しました。


薄暗いステージに立ち、CD音源のように一切間違えることなく熱唱するボーカルのFukase。少し激しい動きを取り入れても歌は乱れず、ベテランの風格が漂うパフォーマンスを見せつけました。


しかし視聴者は、彼らのステージに違和感を覚えた様子。ネット上には、


《セカオワがほぼ口パクで見てても恥ずかしかった》

《CDTV、セカオワの被せの音量が大きすぎてほぼ口パクにしか聴こえなかったな。映画の主題歌だからそうしたんだろうけど生歌で聴きたかったな》

《セカオワ全部歌ってるふり、演奏もしてるふり。アイドルじゃないのに口パクなんやな》

《セカオワなんかがんばってるね(笑)せめて口パクやめて》

《カラオケに口パクのセカオワさんのオワコン感》

《口パクで演奏もDJもしてない、なめてんのか?》


などの声が続出しています。


しかし彼らのファンは口パク≠ニ疑われていることに納得がいかなかったらしく、


《どうみても口パクじゃないし、あと歌詞に批判してるやつなんなの? だったら聞くなや、てかセカオワ語んなや》

《昨日のセカオワ、口パクって噂になってるけど、だとしたら何が悪いの?》

《セカオワ口パクって言ってる人居るけど歌ってるよ、被せてるだけ》


など、反論する声が飛び交いました。


いつまでもレベルの低い争いを繰り返していると、日本のエンタメ業界はオワコンになってしまうのではないでしょうか…。


続いては、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にまつわる話題です。4月29日の『金曜ロードショー』にて放送された、スタジオジブリ作品『魔女の宅急便』にまつわる裏設定が物議を醸しています。


ネット上で物議を醸しているのは、物語中盤からキキが、相棒の黒猫・ジジと会話できなくなってしまうこと。それまでキキとジジは人間と同じように言葉を交わしていましたが、キキの魔女の力が弱まってからはジジと喋れなくなり、物語終盤でキキが力を取り戻した後も、ジジとは喋れていません。


この原因について諸説あったが、今回は『金曜ロードショー』公式ツイッターが、鈴木敏夫プロデューサーの公式見解を発表。


《再び飛ぶことができるようになったキキですが、ジジは喋らないままです。実はキキの魔女の力が弱くなってしまったからではなく、キキが新たな一歩を踏み出したからこそ、ジジが「ただの猫」に戻ったということなんです》

《このことについて、鈴木敏夫プロデューサーは次のように語っています。「(ジジは)ただのペットじゃなくて、もうひとりの自分なんですね。だからジジとの会話っていうのは、自分との対話なんです。ラストでジジとしゃべれなくなるというのは、分身がもういらなくなった、コリコの町でちゃんとやっていけるようになりました、という意味を持っているわけです」キキは、ジジという存在に頼らなくても、きちんとひとりでやっていける、立派な魔女へと成長していくんですね》


とのことです。


つまり、ジジと喋れたことは最初からキキの妄想のようなもので、ジジはイマジナリーフレンドの一種ということのようです。だがそうなると、物語序盤でジジがキキの命令を受けてラジオを付けていること、ピクリとも動かなくなってぬいぐるみのフリをしていることなど辻褄が合わなくなります。


ネット上では鈴木氏の見解に


《それじゃ矛盾が生じる。宮崎駿が言うように魔力が成長し、より深いところで繋がるようになったというのはしっくりくる》

《独り言なら余計落ち込んでる時にジジと会話出来なくなるのおかしくね?》

《長時間ぬいぐるみのフリができる時点で普通のネコではない》

《妄想設定も出てるけど無理あるだろ》

《こういうネタばらしで面白い面白くないはあるんだろうけど、それおかしくね?ってなっちゃうのはやっぱ駄目だと思うよ》


といった反論が殺到しています。


果たして、来週はどんな事件が起こるのでしょうか。


金ロー『ローマの休日』鬼滅声優の演技に大ブーイング!「違和感がすごい」
出川哲朗の頭を踏みつけ…『イッテQ』共演者に「バラエティーでも引く」
『Mステ』ミスチル特集に嫌悪感…消えない不倫の過去「好きになれない」

関連記事(外部サイト)