劇場版『ラジエーションハウス』案の定爆死? わかりきっていた失敗の理由

窪田正孝主演の『劇場版ラジエーションハウス』興行収入は爆死ペース?

記事まとめ

  • 4月29日公開の『劇場版ラジエーションハウス』がひっそり爆死しているのではと話題に
  • 某メディアは"大ヒット!"と騒いでいるが、このペースでは10億円いくかどうかだという
  • 月9から映画化された『コンフィデンスマンJP ロマンス編』は興収29.7億円だった

劇場版『ラジエーションハウス』案の定爆死? わかりきっていた失敗の理由

劇場版『ラジエーションハウス』案の定爆死? わかりきっていた失敗の理由

劇場版『ラジエーションハウス』案の定爆死? わかりきっていた失敗の理由の画像

4月29日に公開された『劇場版ラジエーションハウス』が、ひっそりと爆死しているのではないかと話題になっている。


窪田正孝の主演で、2019年4月期フジテレビ系の月9ドラマとして放送された『ラジエーションハウス 〜放射線科の診断レポート〜』。


【関連】阿部寛の主演映画もまさかの爆死! 2022年に公開された大コケ映画 ほか

2021年10月期には続編が再び月9で放送された。しかし、スッキリ感ゼロの最終回を迎え、続きは劇場で!¥、法で映画化されたのが『劇場版ラジエーションハウス』だ。


公開初週の土日2日間で動員12万8000人、興収1億5500万円を記録。公開から10日で6億円を超え、とあるメディアは大ヒット!≠ニ騒いでいるが、全くそうではないらしい。


「このペースでは、10億円いくかどうか…といったところでしょう。ハッキリ言ってこの数字は爆死ですよ。『ラジハ』と同じように月9から映画化された近年の作品は、『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』が興収93.0億円、『コンフィデンスマンJP ロマンス編』が興収29.7億円、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が38.4億円。その流れで10億円そこらでは話にならない。しかも『ラジハ』は『コンフィデンスマンJP』より視聴率が高かったのですから」(芸能記者)


一体なぜここまでの爆死となったのか…。


作品のコンセプトを無視した無理矢理の劇場版

「そもそも『ラジハ』は視聴率だけ高くて見栄えが良かっただけで、熱狂的なファンはほとんどいない作品。わざわざお金を出して劇場版を観に行きたい人なんてごくわずか。ゴールデンウイークど真ん中に公開して、このスタートダッシュであることがそれを証明しているでしょう。そもそも放射線科≠ニいう題材のため、画面が地味。劇場の大スクリーンでやるような作品ではありません。案の定、劇場版は離島を舞台に放射線技師たちが未知の感染症に挑む≠ニいう無茶苦茶な展開で無駄にスケールアップ。元々の作品の放射線技師は地味だけど実はすごいんだぞ!≠ニいうコンセプトを完全に無視しています」(同・記者)


ネット上でも、劇場版の展開に


《映画館で観るような作品じゃなかった》

《ドラマの方が面白かった》

《コロナ問題に切り込むヒューマンドラマを期待。だけど感染症の話は最後のほうにちょこっと。それも無理矢理放射線技師の仕事と結びつけている》

《劇場版『コード・ブルー』のようなものにしたかったのか。ただ、2時間ちょっとでやるには中身が薄くなってしまった》

《劇場版でやるほどの作品ではありませんでした。TVでいう3話分くらいをまとめて120分に集約した感じでしょうか》


といった声も上がっている。


何はともあれ、10億円に到達すれば、何とか制作費は回収できそうだ。


高橋一生『インビジブル』視聴率ダダ下がり…打ち切りライン越えの責任は
「志村けんさんに失礼」くりぃむ有田“東村山”のゆるキャラを害虫呼ばわり!
人気TikToker『アッコにおまかせ』で突然号泣!「すごい悲しいなって…」

関連記事(外部サイト)