お茶の間凍る…広瀬アリス『恋なんて』に怒り「家族で見て気まずい」

広瀬アリス主演『恋マジ』に怒り 若者の異常な性欲を描くも「家族で見て気まずい」

記事まとめ

  • 広瀬アリス主演ドラマ『恋マジ』第5話で、セックスを連呼して呆れ声が飛び交っている
  • 「何この下品なドラマ気色悪い」「なんか萎えてきた」と批判的な声が多く上がっている
  • 他に、松村北斗、香椎由宇、岡山天音、飯豊まりえらが出演し若者の異常な性欲を描く

お茶の間凍る…広瀬アリス『恋なんて』に怒り「家族で見て気まずい」

お茶の間凍る…広瀬アリス『恋なんて』に怒り「家族で見て気まずい」

お茶の間凍る…広瀬アリス『恋なんて』に怒り「家族で見て気まずい」の画像

5月16日、広瀬アリス主演のドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)第5話が放送された。作中でセックスを連呼して、呆れ声が飛び交っている。


主人公の桜沢純(広瀬)は、食器ブランドの洋食器デザイナー。


【関連】『パンドラの果実』“クレーム殺到”演出が改善!?「配慮したのかな?」 ほか

展示会の仕事を任されるなど上司からの信頼も厚いが、アラサーでありながら恋愛経験ゼロだった。そんな彼女が、女性客をトリコにする長峰柊磨(松村北斗)に出会うストーリーだ。


第5話では、ついに柊磨と関係を持った純が、やりまくっていると冒頭で明かされる。性欲が止まらなくなった純は、「私、色魔ってやつなのかもしれない」と自分自身を心配し、ネイルサロンのオーナー・中川(香椎由宇)は「(色魔とは)あのことしか頭にない人間のことだな」と解説。「どんなカップルでもごく初期にやりまくり期ってのがあるから」となだめていた。


「リビングに家族大集合、終わった」

一方で、純の高校時代からの親友で、アパレル店員の真山アリサ(飯豊まりえ)も性欲爆発。行きつけのコンビニ店員だった克巳(岡山天音)と交際に発展すると、さっそくキスをして押し倒す。そしてさらに進めようとすると、克巳は「僕はものすごくセックスがうまいので、僕と1度でもすると、女の人はやみつきになって仕事や日常に支障を来すので、だからだめです」「セックスの怖さを知らないんですね。セックスは終わりの始まりです」と冷静な口調で諭すのだった。


ストレートな表現で若者の異常な性欲を描く同作に、ネット上では


《恋マジ、急にセックスセックス言い始めてなんか萎えてきた》

《恋マジ序盤からセックス》

《恋マジ付けたとたん「セックスは終わりの始まり」とか言い始めて凍った。泣くぞゴルァ》

《今日の恋マジってセックスって言うんですよね、リビングに家族大集合、終わった》

《恋マジ家族で見るの気まずすぎてワロタwwww 学生スト担生きてる?》

《何この下品なドラマ気色悪い、女優が可哀想》


といった批判的な声が多く上がっている。


同枠では前クールに、浜辺美波主演の癒し系医療系ドラマ『ドクターホワイト』が放送されていた。同じテンションで家族で見ると、事故ること間違いなしだろう。


映画『トップガン』最新作の“声優商法”に批判「吹き替えもここまできたか」
吉高由里子“大河ドラマ”主演に大ブーイング! 今週の芸能ニュースTOP10
藤田ニコルvs『ヒルナンデス』視聴者! 対立が激化の一途「センスない」

関連記事(外部サイト)