結局キムタク頼り?『未来への10カウント』視聴率V字回復の要因は…

結局キムタク頼り?『未来への10カウント』視聴率V字回復の要因は…

結局キムタク頼り?『未来への10カウント』視聴率V字回復の要因は…の画像

5月19日、木村拓哉主演のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)の第6話が放送された。一時は視聴率が低迷したが、キムタク無双≠フ展開になってから、また人気が高まっているようだ。


物語の主人公は、高校時代にボクシングで4冠を達成するものの、その後は度重なる不運に見舞われ、現在は完全に生きる希望を失ってしまった桐沢祥吾(木村)。


【関連】今期No.1ドラマ『正直不動産』が台無しに! 木下ほうかの影響で話が破綻… ほか

「いつ死んでもいい」と口にする日々を送っていたある日、高校ボクシング部時代の監督・芦屋賢三(柄本明)から、ボクシング部のコーチになって欲しいと懇願される。桐沢はコーチとして再びボクシングと関わることで、徐々に熱を取り戻していくのだった。


「満を持して放送された同作ですが、初回から世帯平均視聴率が11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、キムタクドラマとしては苦戦気味。その後、第3、4話では二桁割れの9%台にまで下落。しかし、第5話で10.6%に復活。第6話も11.1%と見事にV字回復。個人視聴率に関しては、第6話で最高記録を更新したそうです」(芸能記者)


「キムタクドラマって感じになってきた」

この見事な回復の要因が、やはり木村の存在だという。


「ドラマの設定上、序盤の木村はやる気のない無気力キャラでした。そのため、キムタクドラマなのにキムタクが活躍しないし、カッコよくもなかったのです。しかし視聴率があがった第5話で、気力を取り戻した木村が半グレをボクシングでボコる大活躍をみせました。さらに数字があがった第6話は、木村がスパーリングで高校生相手に無双。長々とかっこいいアクションシーンがありました。つまり、木村が活躍すれば、このドラマの視聴率はあがるのです」(同・記者)


ネット上でも、ようやく木村が活躍をはじめたことに


《キムタクドラマって結局キムタクが格好いいのがいいんよね》

《キムタクさんかっけー》

《キムタクドラマって感じになってきた》

《撮影とはいえ、これキムタクだけが大変だなw》

《キムタクかっけーなあ》


といった声があがっている。


やはり木村はいくつになっても国民的スターであるようだ。


『蛙亭』イワクラのマジ罵倒にドン引き…相方に「やってから言えって」
『IPPONグランプリ』常連メンバー引退? 惜しむ声殺到「また観たい…」
中山美穂と妹・忍の2ショットに驚き!「3歳しか離れてないのに…」

関連記事(外部サイト)