『CDTV』注目のバンド・羊文学のパフォーマンスに不快感「ダサすぎ」

『CDTV』注目のバンド・羊文学のパフォーマンスに不快感「ダサすぎ」

『CDTV』注目のバンド・羊文学のパフォーマンスに不快感「ダサすぎ」の画像

5月23日放送の『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)で、注目を集める3人組バンド『羊文学』が2曲を披露した。視聴者は演出が曲に合わないとして、番組側を批判している。


「羊文学」は、2020年メジャーデビューの3人組オルタナティブロックバンド。2021年『FUJI ROCK FESTIVAL』に出演し、今年は4月にYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』に抜てきされた。


【関連】ミスチルを聴くのは高齢者だけ…? ベストアルバム“CD売り上げ”絶好調! ほか

街頭インタビューでは、若者たちが「聴けば聴くほど世界観に入る」とバンドを絶賛していた。



番組で「羊文学」は、1曲目に『光るとき』を演奏。歌詞のテロップを画面下部ではなく、メンバーにかからないようにし、縦書き、横書きを織り交ぜながら画面中央に表示していた。


サビの歌詞「何回だって言うよ、世界は美しいよ」に入ると、ボーカル・ギターの塩塚モエカ、ベースの河西ゆりかの前方2カ所ずつ、計4カ所から火花を放出。火花が激しく散る中、そこに歌詞の字幕をかぶせてみせた。


「ファンとして本当にあの演出は遺憾」

2曲目の『あいまいでいいよ』では、火花を散らせる演出は見られず。視聴者は塩塚らの歌声、演奏を絶賛していたが、火花を散らし、特殊な歌詞表示を用いる演出は「羊文学」の世界観に合わないと、番組を批判する声も相次いでいる。


《なんですか、あのクソダサ教科書体デカ歌詞表記。ただただ羊文学の良さを消してる意味の無い爆発も》

《テレビの限界を感じてしまった。あと歌詞の演出ダサすぎた…(パフォーマンス自体が悪かったわけではない)》

《ファンとして本当にあの演出は遺憾》

《CDTV羊文学観たけど…花火いらんやろ〜》

《羊文学のCDTV録画みた。花火の演出はいらなかったよねww》

《いやCDTV、なぜそこで花火演出したんや 羊さんのいい所でやめてってなった》

《CDTVの羊文学、嬉しいけどこの演出は無くてもいいかもなーと思ってしまう》


紙吹雪や火を使った演出が多い気もするが、できる仕掛けはもっとたくさんあるはずだ。


『蛙亭』イワクラのマジ罵倒にドン引き…相方に「やってから言えって」
『IPPONグランプリ』常連メンバー引退? 惜しむ声殺到「また観たい…」
中山美穂と妹・忍の2ショットに驚き!「3歳しか離れてないのに…」

関連記事(外部サイト)