吉岡里帆がポロリ!「首いわしそう」発言に視聴者ドキドキ…

吉岡里帆の関西弁に大反響 内村光良が司会のフジテレビ系『あしたの内村!!』に出演

記事まとめ

  • 吉岡里帆が、内村光良が司会を務めるフジテレビ系『あしたの内村!!』に出演した
  • 中村鶴松に密着した様子が放送され、吉岡は「首いわしそう」と関西弁で語った
  • ネット上では、吉岡の方言に「関西弁が新鮮」など反響が相次いでいる

吉岡里帆がポロリ!「首いわしそう」発言に視聴者ドキドキ…

吉岡里帆がポロリ!「首いわしそう」発言に視聴者ドキドキ…

吉岡里帆がポロリ!「首いわしそう」発言に視聴者ドキドキ…の画像

5月23日放送のバラエティー番組『あしたの内村!!』(フジテレビ系)に俳優の吉岡里帆が出演。思わぬ一面が飛び出し、視聴者を沸かせている。


この日、番組では十八代目中村勘三郎の部屋子となり、研さんを積んできた歌舞伎俳優の中村鶴松に密着。長い毛を豪快に振り回す毛振り≠ニいう歌舞伎の舞を稽古している様子が放送された。


【関連】にゃんこスター・アンゴラ村長の“JKコスプレ”大絶賛「全然いけてる」 ほか

司会の『ウッチャンナンチャン』内村光良は、過去に毛振りを経験したことがあるといい、「重いんだよね。頭引っ張られるかと思った。本当にね、やんなきゃよかったと思いました」と振り返った。


毛振りの映像を見た吉岡は「危機を感じました…」とポツリ。内村から「里帆ちゃん、ポキっといっちゃいそうだよね」と心配されると、「私、目薬さすだけで、たまに首いわしそうになる」と語った。


吉岡里帆の関西弁に相次ぐ反響

「『クビをいわす』というのは関西地方で使われるスラング色の強い言い回しで、外傷を伴わない怪我などの不調のことをいいます。標準語で言うと『クビを痛めた』となりますね。一方で、ケンカで相手をボコボコにするという意味で、『いわす』『いてこます』などということもあり、勘違いした視聴者から『怖い』という感想も上がったようです」(テレビ誌ライター)


吉岡から飛び出した方言に、ネット上では、


《うわああぁぁぁああ!!!!!! 吉岡里帆ちゃんの関西弁!!》

《里帆ちゃんの関西弁が新鮮》

《関西弁の吉岡里帆に打ち抜かれた》

《西の吉岡里帆が良いわネイティブの方言良い》

《「いわしそうになる」と聞いた時、「里帆さんやっぱ関西人だ」と思った》


など、反響が相次いでいる。


そんな吉岡は京都府出身。普段はあまり関西弁を使わないため、新鮮に映ったファンも多かったようだ。


YOASOBIのサマソニ出演に大ブーイング「正気か?」「誰が求めてんだよ」
カズレーザーがクイズの答えに不満げ…“リベンジ消費”に違和感
芦田愛菜の“言葉遣い”に人気芸人が苦言?「使ってほしくないな」

関連記事(外部サイト)