朝ドラ要素ゼロ!?『ちむどんどん』ニーニーに不満殺到「登場する度ぶち壊し」

朝ドラ要素ゼロ!?『ちむどんどん』ニーニーに不満殺到「登場する度ぶち壊し」

朝ドラ要素ゼロ!?『ちむどんどん』ニーニーに不満殺到「登場する度ぶち壊し」の画像

俳優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の第33話が5月25日に放送された。フォローできないレベルの胸クソ展開に、視聴者から不満の声が殺到している。


「ちむどんどん」は、今年で本土復帰50周年を迎える沖縄を舞台に、沖縄料理に夢をかけたヒロインと、支え合う兄妹たちの50年の歩みを見つめる家族の物語。


【関連】「もう飽きてきた」柴咲コウ『インビジブル』新章突入も大不評の嵐… ほか

沖縄・やんばる地域で幼少期を過ごしたヒロイン・比嘉暢子(黒島)は、復帰とともに東京で働き始める。


暢子は、西洋料理のシェフを目指し、遠く離れても家族の絆に励まされながら、修業を重ねていく。その過程で、故郷の食に自分らしい生き方を見いだし、東京で沖縄料理の店を開くために奮闘するようになる。


第33話では、オーナー・房子(原田美枝子)との「ペペロンチーノ対決」に向け、暢子が研究に励む中、横浜・鶴見から沖縄の実家に突然帰ってきた暢子の兄であるニーニー≠アと賢秀(竜星涼)が、製糖工場を営む金吾の父・銀蔵(不破万作)と会っていた。


「わざと視聴者を苛立たせてる」

ところがここにきて、ニーニーが銀蔵に切れ金≠要求するゲスなシーンが放送され、視聴者からは


《今回の朝ドラのテーマは「しつこい」って事ですかね。今回のドラマは、わざと視聴者を苛立たせてるような気がしてならない》

《賢秀が話をぶっ壊して手切れ金を持って逃げ、また鶴見に出てきそうだな。最悪》

《賢秀が話始めてすぐもう観てられなくてチャンネル替えました。沖縄と役者の印象を著しく貶めている朝ドラ初の打ち切りあってもおかしくないんじゃ?》

《身内まで利用した詐欺師の域に突入してるじゃん。この発想は全くなかった、どこまで行ってしまうのか怖すぎるよ…》

《賢秀が登場する度にドラマぶち壊し。他のメンバーのエピソードで十分になり立っているのにあと味悪い方向に話がそれていく》

《唯一、子供の頃のお父さんを囲んだ回想シーンに癒されました。ツッコミどころが満載すぎて、楽しめない・笑えないドラマは初めてかも》


など、大ブーイングが巻き起こっている。


「ちむどんどんは家族の絆≠ェテーマになっていますが、一方であまりのトンデモ展開に非難の声が殺到。放送終了後、ネット上ではちむどんどん反省会≠ェ開かれる異例の事態となっています。特にニーニーは、東京・安里ジムから借金、さらに鶴見で再会した暢子の金を拝借、そして今回の手切れ金詐欺など、とにかく金にまつわるトラブルが絶えません。あまりの酷さに、耐えきれずドラマから離脱する視聴者も少なくありません」(エンタメ誌ライター)


「ちむどんどん」の視聴率はスタート直後の4月15日に最高の17.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)を記録したが、その後は15%台まで低迷。最近は「怖い物見たさ」もあってか16%前後で下げ止まりを見せている。


話題に上がるのがニーニーのクズっぷりだけとは、なんとも寂しい限りだ。


YOASOBIのサマソニ出演に大ブーイング「正気か?」「誰が求めてんだよ」
カズレーザーがクイズの答えに不満げ…“リベンジ消費”に違和感
芦田愛菜の“言葉遣い”に人気芸人が苦言?「使ってほしくないな」

関連記事(外部サイト)