芦田愛菜の“言葉遣い”に人気芸人が苦言?「使ってほしくないな」

芦田愛菜の言葉遣いにサンドウィッチマン伊達みきおが不満 「使ってほしくないな」

記事まとめ

  • 10代とは思えない人間性を誇る若きスター・芦田愛菜が「エモい」について解説した
  • 「愛菜ちゃんは使わないよね?」との伊達みきおの問いかけに芦田は「使います」と回答
  • 伊達はズッコケ、「使ってほしくないな」と不満気味に話した

芦田愛菜の“言葉遣い”に人気芸人が苦言?「使ってほしくないな」

芦田愛菜の“言葉遣い”に人気芸人が苦言?「使ってほしくないな」

芦田愛菜の“言葉遣い”に人気芸人が苦言?「使ってほしくないな」の画像

芸能界と名門校の文武両道、言葉遣いやマナーといった気品にも溢れ、10代とは思えない人間性を誇る若きスター・芦田愛菜。しかし、こと言葉遣いに関しては、『サンドウィッチマン』の伊達みきおが一言申したいようだ。


【関連】鈴木福に女子アナが無茶振り!?「絶対にPUFFY世代じゃない」 ほか

「サンド」と芦田は現在、毎週土曜放送の『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)で共演中。5月21日には「エモい航空写真」をテーマにした回が放送され、同日のうちにテレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』に未公開トークもアップされた。


今回のテーマにもなった「エモい」について、伊達は「俺は意味が分からないんだよ」とポツリ。50代間近とあって若者言葉についていけないようで、芦田は「『エモーショナル』のエモっていう意味で。ノスタルジックとか、哀愁漂う感じ、懐かしさを表現したり」「感情的になる!」と分かりやすく解説する。


「サンド」の富澤たけしは、にこやかにこれを聞くも、伊達はまだ理解できないのか、やや憮然としながら「愛菜ちゃんは使わないよね?」と問いかける。これに芦田が「いや…使いますよ!」と答えると、伊達はズッコケるのだった。


「ちゃんとした言葉を使いましょう」と説教

芦田は「『エモい曲』とか『エモい写真』とかで」と用例を挙げるも、伊達は「使ってほしくないな」とチクリ。その後は収録前の様子が流れたのだが、伊達はここでも「言わないでしょ?『エモい』って」「ね、カメラマンさん?」「だって意味が分からないもん」と不満気味。


さらには、「小さい子も見ている訳で。そういう言葉を使うのはどうかと」と番組の姿勢に苦言。「ちゃんとした言葉を使いましょう。『博士ちゃん』は」と続けたが、番組が進むと「エモい! エモい!」「『エモい』を多投したい」と理解した様子だった。


この一幕を、伊達と同じオジサマ方はどう感じたのだろうか。ネットを見てみると、


《確かに芦田愛菜には正しい日本語を使って欲しい》

《キモいやウザいを使うならエモいも使うだろ カオスとかバズるとかも全然使うだろうし》

《イマイチ意味が分からん言葉。若者は分かってるのか? 本当に》

《ネットのおっさんが流行らしたスラングが流れ流れて女子高生が使う時代》

《これを否定してる人はサボるとか使った事ないのかと問いたい》


といった意見が見受けられる。


聡明なイメージの芦田だけに、同世代の言葉を使うだけでも議論になってしまうようだ。


YOASOBIのサマソニ出演に大ブーイング「正気か?」「誰が求めてんだよ」
カズレーザーがクイズの答えに不満げ…“リベンジ消費”に違和感
芦田愛菜の“言葉遣い”に人気芸人が苦言?「使ってほしくないな」

関連記事(外部サイト)