坂本龍一の闘病生活にアンチが粘着「がん治療に電気を使うのだろうか」

新潮7月号で坂本龍一の新連載話題 過去の坂本の活動を知るネット民から辛辣な意見も

記事まとめ

  • 文芸誌『新潮』7月号から始まった音楽家・坂本龍一の新連載が話題になっているという
  • 坂本は昨年1月、直腸がんおよび転移巣の手術を受けたことを明かしている
  • 当初、診察した医師からは余命半年と宣言されていたというが告白にファンから応援も

坂本龍一の闘病生活にアンチが粘着「がん治療に電気を使うのだろうか」

<a href='/topics/keyword/坂本龍一/160530003567/'>坂本龍一</a> 

坂本龍一 (C)Matteo Chinellato / Shutterstock


6月7日に発売された文芸誌『新潮』7月号から始まった、音楽家・坂本龍一の新連載が話題になっている。


坂本は昨年1月、直腸がんおよび転移巣の手術を受けたことを明かしているが、当初、診察した医師からは余命半年≠ニ宣言されていたという。


【関連】小倉優子“体調不良”報告にアンチがやっかみ「一生懸命やってます感スゴい」 ほか

坂本はコラムで《この2年のあいだに、大小あわせて6度の手術を受け、今のところ外科手術で対処できるような腫瘍は全て取り終えたという状態です。大きなものとしては、2021年10月と12月の2回に分けて、両肺にも転移していたガン腫瘍の摘出手術を行いました。それぞれ3〜4時間くらいだったはずです。ただ、これでようやく最後だと思ったら、どうもまだ病巣は残っており、さらに増殖しているらしい》と明かしている。


続けて、《先生からそう聞かされたときは、さすがにガクッときました。あとはひとつひとつ手術で取るのではなく、薬で全身的に対処するしかないそうです。終わりの見えない闘病生活ですね》と語っている。


知られざる坂本の告白に、ファンからは


《次から次へと見つかると、心のショックは計り知れないものでしょうね。とにかく回復を祈っております》

《医者にかかってたのに転移していてしかも高ステージだとひどくショックだろうな…。お題になさってください》

《ステージ4は厳しい現実だし簡単に言葉にはできないけど、大好きな音楽が力になってくれることを願います》

《このような連載をされる教授にはがんとともに生きていく姿を少しでも長くみせて語って欲しいです》


など、驚きと応援の声が寄せられている。


反原発運動デモ”の過去を指摘され…


しかし一方で、過去の坂本の活動を知るネット民からは


《今どこに住んでるのか知らないけど、日本にいるなら電気を使わずに闘病生活してほしい。この夏は供給量が厳しいらしいので特にね》

《病気を揶揄する気はないし、闘病自体は頑張ってほしいとは思うけど、たかが電気と称して反原発で崇められていた坂本龍一はがん治療に電気を使うのだろうか》

《坂本龍一は喫煙者だしなぁ。さらに反原発だから素直に応援する気にはなれない》

《お見舞い申し上げます。闘病のための入院や手術に沢山の電気が必要になりますが、どういたしましょうか?》


など、辛辣な意見も散見される。


「坂本は2012年7月6日に首相官邸前で行われた、15万人規模の反原発運動デモ≠ノ参加。同月16日には、約17万人が東京・代々木公園に集まった『さようなら原発10万人集会』の壇上に立ち『言ってみれば、たかが電気です。たかが電気のためになぜ命を危険に晒されなければいけないのでしょうか? たかが電気のために、この美しい日本、そして、国の未来である子供の命を、危険に晒すようなことをすべきではありません』とシュプレヒコールを上げ、物議を醸していました。当時の発言を苦々しく思っていた原発推進派からすれば、がん治療にも多くの電気が必要になるといいたいのでしょう。いずれにしても反原発だからといって電気を使うなというのはさすがにいいすぎでしょうが…」(ネットニュースサイト編集者)


新連載では今後も坂本の病気の経緯や心境が語られるという。ファンにとっては必見だろう。


映画『トップガン』の“ウマ娘”コラボに絶句…「オタク舐められすぎだろ」
木梨憲武のアルバムが3千枚割れの爆死! とんねるずは中年層にも見放された?
かまいたち『ZIP!』後任パーソナリティをディス?「そりゃショックよね」

関連記事(外部サイト)